DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertコードサイニング証明書 サポート
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. コードサイニング証明書
  3. サポート
  4. signtoolにPathを設定する方法

signtoolにPathを設定する方法

本ページに記載されている手順は環境により異なる場合があり、実際の動作を保証するものではありません。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、提供元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

signtoolの利用はコマンドプロンプトで行います。
その場合、signtoolをフルパス指定して実行することも、signtoolの置かれているディレクトリで実行することもできますが、Path追加をしておくと使いやすくなります。

Windows10の場合のPath追加の手順

Windows10の場合のPATH追加の手順は以下の通りです。

  1. 左下部の「Windowsボタン」右クリック->「システム」を選択->左メニューの「システムの詳細設定」を選択->「環境変数」と進み「Path」を選択し「編集」をクリックします。
    左メニューの「システムの詳細設定」を選択->「環境変数」
    「Path」を選択し「編集」をクリック
  2. 「新規」をクリックし表示される入力欄に C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86 を追加します。
    C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86 を追加
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース