DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertコードサイニング証明書 サポート
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. コードサイニング証明書
  3. サポート
  4. Windows「新しいハードウェアの提出」前準備「開発者アカウント設定手順」

Windows「新しいハードウェアの提出」前準備「開発者アカウント設定手順」

本ページに記載されている手順は2017年3月6日現在のMicrosoft©の情報により作成されています。
環境や作業日時によりこの手順と異なる方法が必要な場合があり、実際の動作を保証するものではありません。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、Microsoft©にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

新しいハードウェアを開発したあとWindows Comptibleロゴを取得するためには、「Windows ハードウェア互換性プログラム」と「Windows ハードウェア認定プログラム」に登録する必要があります。
登録に成功すると、「Windows Server Catalog」および「Windows Certified Products List」に掲載できたり、「Windows Update」でドライバーを配布できたりします。
「Windows ハードウェア互換性プログラム」と「Windows ハードウェア認定プログラム」への登録はハードウェア開発には必須の工程ですが、ここでは「新しいハードウェアの提出」の前準備として必須な「開発者アカウント設定手順」を紹介します。

開発者アカウント設定手順

  1. EVコードサイニング証明書を準備する
  2. 組織のAzure Active Directory(Azure AD)全体管理者アカウントを準備する
  3. Windows デベロッパー センター「ハードウェア開発者プログラムをご利用ください」ページを開く
    ハードウェア開発者プログラムをご利用ください」ページを開き、「次へ」をクリックします。

    「次へ」をクリック

  4. 「登録 - コード署名証明書の取得」ページ
    「次へ」をクリックします。

    「次へ」をクリック

  5. 「登録 - ファイルの署名とアップロード」ページ
    1. 【1】署名可能なファイルのダウンロード
      「署名可能なファイルを今すぐダウンロード」をクリックし、SignableFile.bin をダウンロードします。
    2. 【2】署名ツールのダウンロード
      「Windows SDK」がインストールされていない場合は、インストールします。
    3. SignableFile.bin をダウンロードし、「Windows SDK」がインストールされていない場合はインストール

    4. 【3】コード署名
      1. EVコードサイニング証明書のトークンをPCに接続します。
      2. コマンドプロンプトのアイコンを右クリックし「管理者として実行」を選択します。
      3. 以下のコマンドを実行します。
        C:\> signtool sign /t http://timestamp.digicert.com /a "c:\path\to\SignableFile.bin"
      4. 以下のウィンドウがポップアップ表示されますので、EVコードサイニング証明書のパスワードを入力し「OK」をクリックします。

        「OK」をクリック

      5. コマンドプロンプトで「Successfuly signed: C:\path\to\SignableFile.bin」と表示されればコード署名は成功です。

        「Successfuly signed: C:\path\to\SignableFile.bin」と表示されれば成功

    5. 【4】署名したファイルのアップロード
      アップロードに成功すると「SignableFile.binがアップロードされました」と表示されます。
      「次へ」をクリックします。

      「次へ」をクリック

  6. 「登録 - 職場アカウント (Azure AD)」ページ
    「Azure AD に サインイン」をクリックします。

    「Azure AD に サインイン」をクリック

  7. 「Microsoft Dev Center」ページ
    「アカウント」「パスワード」を入力し「サインイン」クリックします。

    「サインイン」をクリック

  8. 「登録 - アカウントの詳細」ページ
    1. プルダウンメニューから「日本」を選択します。

      「日本」を選択

    2. 「会社の表示名」を入力します。

      「会社の表示名」を入力

    3. 「個人の連絡先情報」を入力し、「次へ」クリックします。

      「個人の連絡先情報」を入力し「次へ」をクリック

  9. 「登録 - レビュー」ページ
    1. 「アカウント情報」を確認し、誤りがある場合は「編集」から修正を行います。

      「アカウント情報」を確認

    2. 「ハードウェア開発者契約」で利用する「ハードウェア提出」と「ハードウェア分析」を選択し「完了」をクリックします。

      「ハードウェア提出」と「ハードウェア分析」を選択し「完了」をクリック

  10. 「アカウント設定」ページ
    登録完了したアカウント情報が表示されます。「更新」をクリックすると修正が可能です。
    上部メニューの「ハードウェア」をクリックします。

    「ハードウェア」をクリック

  11. 「ハードウェア」ページ
    「新しいハードウェアの提出」をクリックすればハードウェアの提出過程を実行できます。

    「新しいハードウェアの提出」をクリック

デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース