DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertドキュメントサイニング証明書サポート
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. ドキュメントサイニング証明書
  3. サポート
  4. Word・Excelに可視署名する方法
Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応

MS Office(Office 2013/2010)に署名する方法:見える署名(可視署名)

DigiCertドキュメントサイニング証明書を使って、Word・Excelに可視署名を行うことができます。
文書中に署名が表示されるので、文書受領者は、署名済み文書であることがすぐにわかります。

見えない署名(不可視署名)を行う方法については、Microsoft Office(Office 2013/2010)に署名する方法:見えない署名(不可視署名)を参照してください。

Microsoft Word Document・Excel Workbookに見える署名をする方法

Microsoft Office 2013 の場合

スクリーンショットではWordを例に説明していますが、Excelの場合でも、ほぼ同様の手順で署名できます。

  1. USB トークンをPCのUSBポートに挿入してください。
  2. 署名対象文書を開きます。
  3. 署名を表示させたい場所に、カーソルを移動させます。
  4. 「挿入」タブのメニュー「署名欄の追加」をクリックし、ドロップダウンから「Microsoft Office 署名欄」を選択します。
    Document Signing MS Office 2013
  5. 「署名の設定」ウィンドウで文書の署名欄に表示させたい情報を入力し、情報の入力が完了したらOKをクリックします。
    Document Signing MS Office 2013 sing info entry
  6. 署名フィールドがWordドキュメント上、Excelワークシート上に表示されます。
    Document Signing office 2013 sign area
    署名位置はドラッグアンドドロップで移動できます。
  7. 署名位置で右クリックし、表示されたドロップダウンメニューで署名をクリックします。
    Document Signing office 2013 sign past
  8. 新規に作成中の文書の場合、保存を要求する画面が表示されますのではいをクリックし、文書に名前をつけて保存します。
    Document Signing office 2013 sign save
  9. Xの右のエリアに署名者の名前を入力します。画像を選択を選択し、署名画像を使うこともできます。
    Document Signing office 2013 sign select image
    署名ウィンドウの詳細をクリックして表示される追加の署名情報ウィンドウで署名情報を追加できます。
    Document Signing office 2013 sign detail info
    署名ウィンドウの署名者に DigiCert 証明書情報が表示されていない場合は、変更をクリックし、Windows セキュリティで正しい証明書を選択します。
    Document Signing office 2013 sign select DigiCert
  10. 署名ウィンドウで署名をクリックし、トークンログオントークンパスワードを入力します。
    Document Signing office 2013 sign select token
  11. 署名の確認ウィンドウでOKをクリックします。
    Document Signing office 2013 sign finished
  12. 署名が完了した文書の上部に、編集すると署名が無効になる最終版であることが表示されます。
    Document Signing office 2013 sign final

Microsoft Office2010の場合

スクリーンショットではWordを例に説明していますが、Excelの場合でも、ほぼ同様の手順で署名できます。

  1. USBトークンをPCのUSBポートに挿入してください。
  2. 署名対象文書を開きます。
  3. 署名を表示させたい場所にカーソルを移動させます。
  4. 「挿入」タブメニュー「署名欄の追加」ドロップダウンから「Microsoft Office署名欄」を選択します。
    Document Signing office 2010 visible start
  5. 「署名の設定」ウィンドウで文書の署名欄に表示させたい情報を入力し、OKをクリックします。
    Document Signing office 2010 visible sign base info
  6. 署名フィールドが、Wordドキュメント上・Excelワークシート上に表示されます。
    Document Signing office 2010 visible area
    署名位置はドラッグアンドドロップで移動できます。
  7. 署名位置で右クリックし、表示されたドロップダウンメニューで署名をクリックします。
    Document Signing office 2010 visible start sign
  8. 新規に作成中の文書の場合は保存を要求する画面が表示されますので、はいをクリックし文書に名前をつけて保存します。
  9. Xの右のエリアに署名者の名前を入力します。画像を選択を選択し、署名画像を使うこともできます。
    Document Signing office 2010 visible insert signeture
    署名ウィンドウの署名者に DigiCert 証明書情報が表示されていない場合は、変更をクリックし、Windows セキュリティで正しい証明書を選択してください。
  10. 名前を入力したら署名(S)をクリックし、トークン・ログオントークンパスワードを入力します。
    Document Signing office 2010 visible sign token passwd
  11. 署名の確認ウィンドウでOKをクリックします。
    Document Signing office 2010 visible sign done
  12. 署名が完了した文書の上部に、編集すると署名が無効になる最終版であることが表示されます。
    Document Signing office 2010 visible last save

Microsoft Word Document/Excel Workbookの署名を確認する方法

以下の方法で、受領した文書の署名を確認できます。
Office 2013、Office 2010共通です。

  1. 署名欄をダブルクリック、または有効な署名を右クリックしドロップダウンメニューの署名の詳細をクリックします。
    Document Signing office 2013 sign check
  2. 署名の詳細ウィンドウが表示され、署名の有効性が確認できます。
    署名者の詳細を参照をクリックすると署名者が登録した内容を、表示をクリックすると証明書の内容をそれぞれ確認できます。
    Document Signing office 2013 sign check detail
  3. 表示をクリックした場合、証明書ウィンドウで証明書の主要項目が確認できます。
    署名者の法人名を調べる場合は、詳細タブをクリックします。
    Document Signing office 2013 sign check cert
  4. サブジェクトを選択すると法人名・所在地が確認できます。
    Document Signing office 2013 sign check cert company name
ドキュメントサイニング証明書とは
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース