DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertドキュメントサイニング証明書サポート
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. ドキュメントサイニング証明書
  3. サポート
  4. Microsoft Office文書への署名方法
Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応

Microsoft Office文書への署名方法:Office2013/Office2010

Microsoft Office文書へのドキュメントサイニング証明書を使った署名は、PDFの場合と同様、簡単に行えます。
以下の記述を参考に、最適な方法で署名を行ってください。

Microsoft Office文書に署名する意味

ドキュメントサイニング証明書を使って署名された文書は、

  • 署名者の身元
  • 本人によってなされた署名であること
  • 署名後改ざんを受けていないこと

が保障されます。そしてこのことは文書を受け取った人が特別な手段を用いることなく確認できます。

MS Officeがサポートする2種類の署名方法

1:見えない署名

Document Signing
Document Signing
Word、Excel、PowerPointに見えない署名をすることができます。
この署名は文書中には表示されません。代わりに小さな署名済みアイコンが文書ウインドウの下部に表示されます。文書を受け取った人がこのアイコンをクリックすると署名情報が表示されます。
見えない署名を追加する方法については、以下のリンク先をご覧ください。

2:見える署名

Document Signing
文書内に署名が表示される形式で、Wordドキュメント、Excelワークブックに署名することができます。
文書内に署名が表示され、文書ウインドウの下部に小さな署名済みアイコンも表示されます。
署名された文書を受け取った人は、署名データの部分をダブルクリックするか、署名済みアイコンをクリックして署名者情報を確認することができます。
※PowerPointプレゼンテーションには、デジタル署名を可視化して署名することはできません。
見える署名を追加する方法については以下のリンク先をご覧ください。

ドキュメントサイニング証明書とは
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース