DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. 技術情報
  4. 証明書エラーの原因と《badssl.com》

証明書エラーの原因と《badssl.com》

httpsプロトコルでWebサイトを閲覧したとき、以下のようなさまざまなエラーに遭遇することがあります。
こうしたエラー表示は、正しい証明書が使われていなかったり、サーバーの設定が間違っていたりすることを示していますが、原因がたくさんあったり、同一の原因でもブラウザによって表示が異なったりで、原因の理解が難しいのも現実です。

Chrome
Chrome

FireFox
FireFox

Microsoft Edge
Edge

《badssl.com>でできること

badssl.com》というWebサイトがあります。
ここでは証明書エラーになる条件のURLが用意されています。一般には用意しにくいエラーも用意されています。
このサイトを利用すると、さまざまなエラー条件のとき、ブラウザがどのようなエラー画面を表示するかを実地で確認できます。

《badssl.com》Topページ
Topページ

例えば「expired」をクリックすると期限切れの証明書が使われている場合どのようなエラー画面が表示されるかを確認できます。

証明書期限切れChrome
Chrome
上の例はChromeでの表示例です。「詳細設定」をクリックすると下の例のようにエラーの詳しい内容を知ることができます。
Chrome

《badssl.com》の「DashBoard」を使う

お勧めの利用方法は「DashBoard」をクリックすることです。
DashBoardをクリックすると、利用しているブラウザ対応のチェックができるようになります(Microsoft Edgeは詳しいエラー情報を表示しませんのであまり意味がありません)。

Dashboard Chrome
Chrome

Dashboard FireFox
FireFox

Dashboard Microsoft Edge
Edge

以下はChromeとFireFoxで間違った証明書の場合表示されるエラー画面です。

Wrong Chrome
Chrome

Wrong FireFox
FireFox

関連情報

badssl.com

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース