DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Amazon Web Service (AWS)

Amazon Web Service (AWS) のCSR作成方法

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。
Amazon Web Service (AWS)へのインストールについてはAmazon Web Service (AWS) でのサーバー証明書のインストール方法のページを参照してください。

Amazon Web Service (AWS) で利用する証明書のファイルタイプ

Amazon Web Service (AWS) で利用する証明書のファイルタイプは、Apache などで利用する .pem 書式です。
Amazon Web Service (AWS) 用のCSR作成は、ご利用コンピュータのOpenSSLを使って行います。

Amazon Web Service (AWS) 向けのCSRの作成手順

利用中のコンピュータでOpenSSLコマンドを使用しCSRを作成します。
Amazon Web Service(AWS)で利用する秘密鍵もCSRと同時に作成されますので、安全性が確保されたコンピュータで作業してください。

CSR作成に必要な情報の準備

CSR作成には以下の情報が必要になりますので、あらかじめご用意ください。

  • 国名 (Country Name)
    - 法人の登記国名を記載します。日本の場合は JP です。
  • 都道府県名 (State or Province Name)
    - 法人の登記簿謄本に記載された都道府県名をローマ字で記載します。
  • 法人所在地 (Locality Name)
    - 法人の登記簿謄本に記載された都市名をローマ字で記載します。
  • 法人名 (Organization Name)
    - 法人名を英文で記載します。Whoisの登録と合致させてください。
  • 部署名 (Organizational Unit Name)
    - 部署名を英文で記載します。空でもかまいません。
  • コモンネーム (Common Name)
    - サーバー証明書の対象となるホスト名です。SSL Plus では www.digicert.ne.jp のように記載してください。
    ワイルドカードの場合は *.digicert.ne.jp のように記載します。
    上記のような記載方法で、SSL Plus と WildCard Plus どちらの場合でも、ホスト名(FQDN)とドメイン名の両方で利用できます。例:/ と https://digicert.ne.jp/ の両方で利用可能

OpenSSLの準備

Unix系OS、Mac OSでは、標準でOpenSSLコマンドが使えるはずです。
WindowsでOpenSSLがインストールされていない場合は、「Windows で opensslを使う」を参照し、OpenSSLをインストールしてください。

CSR 作成

Unix系OS、Windows OSの場合

利用中のコンピュータが Unix系OSあるいはWindows OSの場合、以下の手順でCSRを作成します。

  1. ウイザードで openssl用のコマンドを作る
    ウイザードに必要事項を入力すれば、openssl用のコマンドを作ることができます。

    Preview of OpenSSL CSR Wizard

  2. コマンドを実行する
    利用中のコンピュータのコマンドプロンプト(Windows)あるいは shell画面(Unix系OS)にウイザードで得られたコマンドを貼り付け実行します。
    コマンド実行は、実行ユーザーに書き込み権限のあるディレクトリで行ってください。

Mac OS Xの場合

Mac OS X ApacheでのCSR作成方法を参照してCSRを作成してください。

CSRと秘密鍵ファイルの確認と秘密鍵ファイルの保存

コマンドを実行したディレクトリにCSRファイル({common_name}.csr)と秘密鍵ファイル({common_name}.key)が作成されます({common_name}はサーバー証明書の対象となるホスト名です)。
両ファイルとも標準テキストエディタで開くことができます。
秘密鍵{common_name}.keyファイルは第三者に閲覧できないようにして保存ください。

CSRファイル({common_name}.csr)
-----BEGIN NEW CERTIFICATE REQUEST-----で始まり-----END NEW CERTIFICATE REQUEST-----で終わっているファイル
秘密鍵ファイル({common_name}.key)
-----BEGIN NEW PRIVATE KEY-----で始まり-----END NEW PRIVATE KEY-----で終わっているファイル
{NEW}は含まれないこともあります。

証明書のオーダー

CSRファイル({common_name}.csr)をテキストエディターで開き、BEGINタグからENDタグまでを含むすべてをコピーし、オーダフォームの CSR 入力画面に貼り付けてください。
「サーバーの種類」ではApacheを選択してください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース