DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Microsoft Azure Cloud Services

Microsoft Azure CloudでのCSR作成

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Microsoft Azure Cloudでサーバー証明書を利用するには、Microsoft Azure Cloudサービスに .pfxファイル証明書をインポートする必要があります。そのため「ローカルコンピュータなどの作業マシンでCSRを作成、取得したSSLサーバ証明書をそのマシンで .pfxファイル証明書にエクスポートする」という準備手順が必要になります。

ほかにも、CloudならではのDNSへの理解と、いくつかの準備手順が必要ですので、以下を確認してからCSRを作成してください。

Microsoft Azure クラウドサービスでのSSL証明書入門

Microsoft Azureクラウドサービスはデフォルトでは {your_name}.cloudapp.net({your_name}は例)のホスト名を使います。
cloudapp.netドメインの所有者はMicrosoft Corporationですので、利用者が {your_name}.cloudapp.netのSSLサーバ証明書を取得することはできません(自己署名証明書の場合を除く)。

しかし、Microsoft Azureクラウドサービス利用者が所有する独自ドメイン名を使ってSSL証明書を取得し、その証明書をMicrosoft Azureクラウドサービスで利用することは可能です。
この場合、以下のような手順が必要になります。

  1. Microsoft Azure クラウドサービスで使うホスト名を決定します。
    ドメイン名そのものを使うこともできますが、サブドメイン名(例: www.your_domain.jp app.your_domain.jp 等)の方が手間がかかりません。(※理由は後からご説明します。)
  2. ローカルコンピュータなどの作業マシンで、利用するホスト名のCSRを作成します。
    CSR 作成手順は、このページにあるCSR作成から .pfxファイル証明書エクスポートまでを参照してください。
  3. 証明書をオーダーします。
    オーダーフォームの「サーバーの種類」ではIIS8を選択してください。
    複数のクラウドサービスを利用する場合は、ワイルドカードサーバ証明書あるいはUCサーバ証明書をお勧めします。
  4. 取得した証明書の fingerprint (拇印) 取得します。
    取得方法についてはこのページにあるfingerprint (拇印) を取得の項目を参照してください。
  5. .pfxファイル証明書をエクスポートします。
    Microsoft Azure クラウドサービスでインポートする.pfxファイル証明書をエクスポートします。
    エクスポートまでの手順についてはこのページにあるCSR作成から .pfxファイル証明書エクスポートまでを参照してください。
  6. Microsoft Azure Cloudサービス設定ファイルを作成します。
  7. 「Microsoft Azure Management Portal」でクラウドサービス設定と証明書のアップロードを行います。
  8. クラウドサービスのホスト名とIPアドレスを確認します。
    付与されたクラウドサービスのホスト名(例:{your_name}.cloudapp.net)とIPアドレス(例:123.456.789.012)を確認してください。
  9. カスタムドメイン(例: your_domain.jp)のサブホスト(例: www.your_domain.jp)のDNS設定を行います。
    • CNAME設定を利用する場合

      ※カスタムドメイン名そのものをCNAMEレコードとして設定することはできません。

      カスタムドメイン・サブホスト名部分 付与されたクラウドサービスのホスト名
      付与されたクラウドサービスのIPアドレス
      www {your_name}.cloudapp.net
      www 123.456.789.012
    • Aレコード設定を利用する場合

      ※Aレコード設定を利用する場合は、IPアドレスでの指定だけが可能です。

      カスタムドメイン・サブホスト名部分
      カスタムドメインドメイン名
      付与されたクラウドサービスのIPアドレス
      www 123.456.789.012
      @ 123.456.789.012
    CNAMEレコード設定を利用する場合・Aレコード設定を利用する場合どちらもIPアドレスでの指定が可能です。
  10. https://your_domain.jp https://www.your_domain.jp でのクラウドサービスが利用可能になります。

クラウドサービスに付与されたIPアドレスはスロットの展開を削除すると解放され、そのスロットへの以降の展開は異なるIPアドレスになります。
従って、クラウドサービスに付与されたホスト名(例:{your_name}.cloudapp.net)は固定でも、IPアドレス(例:123.456.789.012)は変化する可能性があります。
そのため、クラウドサービスのホスト名にはカスタムドメインのサブホスト名を使い、DNS設定のCNAMEレコードにクラウドサービスから付与されたホスト名(例:{your_name}.cloudapp.net)を設定するのがトラブルを起こさない方法といえます。

fingerprint (拇印) を取得

thumbprintとも呼ばれるfingerprint (拇印) は、サーバー証明書のハッシュ値です。
サーバー証明書に変更が加えられると、ハッシュ値も変わります。サーバー証明書に改竄が加えられていないことの確認にfingerprint (拇印) が使われます。
fingerprint (拇印) の取得は様々な方法で行えますが、最も簡単な方法は「openssl でfingerprint (拇印) を取得」ウィザードを利用することです。

ウィザード利用方法

証明書の拡張子が .crtの場合
テキストエディターでファイルを開き、全文をウィザードに貼り付けて「確認」ボタンをクリックすると、以下のような結果が表示されます。
SHA1 Fingerprint=E1:5C:DD:95:BE:71:34:BE:6C:AE:93:36:64:06:70:CF:97:DF:2C:D5
この場合は、「SHA1」がアルゴリズム、「E1:5C:DD:95:BE:71:34:BE:6C:AE:93:36:64:06:70:CF:97:DF:2C:D5」が fingerprint (拇印) です。
証明書の拡張子が .cer の場合
まず、「opensslでPKCS7証明書の内容を確認する」ウィザードを利用て証明書の内容だけを抜き出します。
テキストエディターで.cerファイルを開き、全文を「opensslでPKCS7証明書の内容を確認する」ウィザードに貼り付けてください。
表示される、先頭の-----BEGIN CERTIFICATE-----から-----END CERTIFICATE-----が取得した証明書です(残りの部分は中間証明書とルート証明書です)。
証明書部分だけをコピーし、「openssl でfingerprint (拇印) を取得」ウィザードに貼り付けてください。

CSR作成から .pfxファイル証明書エクスポートまで

Microsoft AzureクラウドサービスでのSSL証明書の設定は以下の手順で行います。

  1. ローカルで .pfxファイル証明書を作成
  2. Microsoft Azure Management Portalで.pfxファイル証明書をアップロード

「ローカルで .pfxファイル証明書を作成」する方法には以下のようなものがあります。使いやすい方法をご選択ください。

「certreq」を使う方法
Microsoft 環境に組み込みのcertreqコマンドを利用してCSRと秘密鍵を作成し、取得した証明書で.pfxファイル証明書を作成する方法です。
詳しくはcertreqコマンドを使って .pfxファイル証明書を作成する方法を参照してください。
「OpenSSL」を使う方法
利用中のコンピュータでOpenSSLコマンドを使ってCSRを作成して取得した証明書で.pfx証明書を作成する方法です。
詳しくはOpenSSLを使って.pfxファイル証明書を作成する方法を参照してください。
「IISマネジャー」を使う方法
以下の中から作業環境に合わせたページを参照し、作業コンピュータ上で .pfxファイル証明書の作成までを行ってください。

fingerprint (拇印) を取得し、.pfxファイル証明書がエクスポートできたら、Microsoft Azure Cloudでの証明書のインストールに進んでください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース