DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. C2Net Stronghold

C2Net StrongholdでのCSR作成方法

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

C2Net StrongholdでのCSR作成

  1. Strongholdでは、証明書とキーファイルの管理は、3つのスクリプト、genkey、getcaおよびgenreqで行われ、通常、/usr/local/ssl/private/に保存されています。

    キーファイルを持っていない場合
    コマンドプロンプトで、以下のようにgenkeyスクリプトにCSRを作成するホスト名(例:yourserver)を指定し実行します。
    genkey yourserver
    
    キーファイルとCSRファイルの2つのファイル名とそれぞれの場所が表示されます。
    既にキーファイルを持っている場合
    コマンドプロンプトで、genkeyではなくgenreqを実行し、CSRのみを作成します。
    プロンプトは既存のCSRとキーを上書きしてよいかを聞いてきます。
    また、キーサイズの入力を求められますので、使用可能な最大値を使用してください。(※2048bit推奨)
  2. プロンプトのfun partではスクリプトがビープ音を鳴らし、カウンターがゼロを示すまでランダムにキーを押続けます。(このランダムデータは公開鍵と秘密鍵のペアの作成に使用されます。)
  3. 「y」を入力して進み、プロンプトの要求に従って会社、サーバーおよび認証局(CA)についての具体的な情報を入力してください(CAについては「Other」オプションを選択してください)。
  4. genkeyスクリプトはCSRを自動的に作成します。
    キーファイルとCSRは必ずバックアップし、安全な場所に保管してください。
    キーファイルは証明書のインストールに必須です。
  5. 作成されたCSRをテキストエディターで開き、BEGINタグとENDタグを含む全ての内容をコピーしてオーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース