DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Cisco Mobility Server

Cisco Mobility Server での CSR 作成方法

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Cisco Unified Mobility Serversには、証明書管理に詳しくない方のために、CSR作成をサポートするツールが組み込まれています。

Cisco Unified Mobility ServerでのCSR作成方法

  1. Cisco Unified Mobility Advantage Admin Portalから、「SSL Certificate Management」オプションを選択し、「Generate New Certificate」を開きます。
  2. 入力欄に情報を入力し、「Submit」をクリックします。

    Server Name:ドメインネーム(FQDN)そのもの、あるいはホスト名を入力します(コモンネーム)。
    WildCard PlusのためのCSRを作成する際は、「*.」から始める必要があります(例:*.digicert.ne.jp)。

    Department Name: 部署名を英文で入力します。空白でもかまいません。

    Company Name: 組織の正式名称を英文で入力します。
    例:組織名がExample Company Name, Incの場合
    「Example」などのように省略せず、「Example Company Name, Inc」という正式な名称を入力してください。

    City:法人の登記簿謄本に記載された都市名をローマ字で入力します。

    State:法人の登記簿謄本に記載された都道府県名をローマ字で入力します。

    Country Code:法人が登記されている国の国名コードを入力します。日本の場合は「JP」です。

    Password:キーストアを後で修正する場合に必要になります(最低6文字以上)。

  3. キーストアファイルをダウンロードするリンクが表示されますので、任意の名前でファイルを保存してください((拡張子は【.keystore】です)。 。
  4. CSRをダウンロードするリンクもある場合は、ダウンロードして保存します。
    CSRは通常.csr または .txt ファイルとして保存されます。
    リンクがない場合
    1. 「SSL Certificate Management」に戻り「Retrieve CSR」を選択します。
    2. 先ほど作成したキーストアファイルを選択してパスワードを入力します。
    3. 「Submit」をクリックします。
  5. テキストエディタでCSRファイルを開き、BEGINタグとENDタグを含むファイルの全てのコンテンツをコピーし、オーダーフォームの CSR 入力欄に貼り付けてください。
    サーバータイプはJavaを選択してください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース