DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Cobalt RaQ4/XTR

Cobalt RaQ4/XTRでのCSR

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

CobaltRaQ4/XTRでのCSR作成方法

バーチャルサイトのSSLを有効にする

  1. Server Management画面を開きます。
  2. SSLを有効にしたいバーチャルサイトの横にあるアイコン(RaQ4の場合は緑のレンチアイコン、XTRの場合は赤の鉛筆アイコン)をクリックします。
  3. Site Managment UIが表示されます。
  4. 左側メニューの「Site Settings」(XTRでGeneralを選択の場合)をクリックします。
  5. 「Checkbox to Enable SSL」を選択します。
  6. 「Save Changes」をクリックします。

自己署名証明書の作成

SSLを有効にした後に、CobaltRaQ4/XTRの自己署名証明書作成機能を利用し、CSR、秘密鍵、自己署名証明書を作成します。DigiCert発行の証明書インストール時に自己署名証明書は無効になります。

  1. Server Management画面に進みます。
  2. SSLを有効にしたいバーチャルサイトの横にある緑のアイコン(Green Wrench for RaQ4)、または鉛筆のアイコン(Pencil for XTR)をクリックします。
  3. 左側メニューの「Site Settings」をクリックします。
  4. Certificate Subject Informationテーブルが表示されるので、以下の情報を入力します。
    Country:法人が登記されている国の国名コードを入力します。日本の場合は JP です。
    State:法人の登記簿謄本に記載されている都道府県名をローマ字で入力します。
    Locality:法人の登記簿謄本に記載された市町村名をローマ字で入力します。
    Organization:法人の正式名称を英文で入力します。
    Organizational Unit :部署名を英文で記載します。空白でもかまいません
  5. 下部メニューの「Generate Self-Signed Certificate」をクリックします。
  6. 「Save Changes」を選択します。
  7. Certificate Request(CSR)とCertificateの欄に情報が表示されます。

CSRファイル保存

Certificate Request(CSR)欄のBEGINタグとENDタグを含むすべてのデータをコピーしCSRファイルとして保存してください。保存した内容を、当社オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース