DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Exchange 2010

Exchange 2010 での CSR 作成方法

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

Exchange 2010上で利用する証明書を更新する場合には、以下のページをご覧ください。
Microsoft Exchange 2010証明書の更新方法>>
本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Exchange Management コンソールを使って CSR を作成する

以下の手順に従ってください。

  1. Exchange管理コンソールを開きます。
    [スタート] -> [プログラム] -> [Microsoft Exchange 2010] -> [Exchange Management Console]
  2. 「データベースの管理」をクリックします。

  3. 左側のメニューから「サーバーの構成」選択し、右メニューの「証明書の新規作成」を選択します。

  4. フレンドリー名入力欄にこの証明書の名前を入力します。
    この名称は証明書の内容とは無関係ですので、覚えやすいものを入力してください。

  5. ワイルドカードサーバー証明書の CSR を作成する場合
    ドメイン スコープで「ワイルドカードの証明書を有効にする」チェックボックスにチェックを入れたあと [ワイルドカードを使用するルートドメイン] を入力し、[次へ] をクリックしてください。手順8へ進みます
    それ以外の場合
    この画面では何も入力せず [次へ] をクリックしてください。手順6へ進みます

  6. Exchange の構成メニューから、SSL 上で利用するサービスのチェックボックスにチェックを入れ、そのサービスで使用するドメイン名を確認し、[次へ] をクリックしてください。

  7. ドメインの証明書画面で、CSR に含めるべきホスト名のリストが表示されます。リストを確認し、問題がなければ[次へ] をクリックしてください。不足しているホスト名がある場合は「追加」をクリックして追加してください。

  8. 組織と場所メニューの全項目について、画像のように情報を英文で入力してください。国/地域は右端の矢印ボタンを押してリスト内から選択してください。
    入力が終ったら [参照] ボタンをクリックし、CSR を .req ファイルとして保存するディレクトリ、ファイル名を決め、[次へ] をクリックします。

  9. [新規作成] をクリックしてください。

  10. 完了画面を確認し、問題がなければ [終了] をクリックしてください。

  11. テキストエディタで保存された CSR ファイルを開き、BEGINタグとENDタグを含むファイルの全てのコンテンツをコピーし、オーダーフォームの CSR 入力欄に貼り付けてください。

Exchange Management Shell を使って CSR を作成する

「Exchange Management コンソール」ではなく shell を使って CSR を作成することもできます。手順は以下です。

  1. Exchange 2010 の CSR を作成するウイザードを開きます。ウイザードの右側のガイドに従って、必要事項をフォームに入力すれば、Exchange Management Shell用のコマンドができます。

    Preview of microsoft CSR Wizard

  2. shell を立ち上げてください。
    [スタート] -> [プログラム] -> [Microsoft Exchange 2010] -> [Exchange Management Shell]

    Exchange 2010 の CSR を作成するウイザードで得られた以下の様なコマンドを shell 画面に貼り付けてください。

    New-ExchangeCertificate -GenerateRequest -KeySize 2048 -SubjectName "c=US, l=YourLocalityOrCity, 
    s=YourStateOrProvince, 
    o=YourCompanyInc, cn=YourFirstDomain.com" -DomainName YourSecondDomain.com, YourThirdDomain.com 
    -PrivateKeyExportable:$true 
    
  3. コマンド入力が完了すると CSR が shell 画面に表示されます。データをコピーするために、右クリックから "mark" を選択してください。コピーしたデータをオーダーフォームの CSR 欄に貼り付けてください。
  4. CSR データをサーバー上にもファイルで保存しておくには、CSR 作成コマンドが終わった直後に以下のコマンドを実行してください。
    Set-Content -path "C:\your_CSR_name.csr" -Value $Data
    

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース