DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR取得方法
  4. Exchange 2013のCSRを作成するウイザード

Exchange2013でCSRを作成するウイザード

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Exchange Management Shellを使ってCSRを作成する場合、このウイザードがご利用いただけます。
Exchange 2007の場合は、Exchange 2007のCSRを作成するウイザードを参照してください。
Exchange 2010の場合は、Exchange 2010のCSRを作成するウイザードを参照してください。

Common Name:
Subject Alternative Names:
Organization:
Department:
(Organization unit)
City:
State:
Country:
Key Size:
 

Exchange Management Shellを使ってCSRを作成する

  1. Exchange Management Shellを立ち上げてください。
  2. 上のウイザードで得られた以下のようなコマンドを、改行なしでshell画面に貼り付けてください。

    $reqfile = New-ExchangeCertificate -GenerateRequest -SubjectName
     "c=US, l=YourLocalityOrCity, s=YourStateOrProvince, o=YourCompanyInc, cn=YourFirstDomain.com"
     -DomainName YourSecondDomain.com, YourThirdDomain.com -PrivateKeyExportable $true
    
  3. 続けて以下のコマンドを実行し、CSRをファイルに保存してください。

    $reqfile | out-file c:\certreq.txt
    
  4. CSR ファイルを開き、
    -----BEGIN CERTIFICATE REQUEST----- から -----END CERTIFICATE REQUEST----- までをコピーしオーダーフォームの CSR 入力画面に貼り付けてください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース