DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Java keytool

Java keytoolでCSRを作成する

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Java keytoolでCSRを作成するウイザード

Tomcatをはじめとする、Java keytoolでCSRを作成するサーバーの場合、このウイザードがご利用いただけます。

このウイザードはJavaScriptを利用しています。お使いのブラウザでJavaScriptを使えない設定にしている場合は、JavaScriptが利用できる設定に変更してください。

Common Name:
Organization:
Department:
(Organization unit)
City:
State:
Country:
Key Size:
 

コマンドの利用方法

  1. サーバー証明書を利用するサーバーにshellログインし、rootユーザーになります。
  2. 上に表示されているコマンドを shell 画面に貼り付けエンターを入力ください。コマンドは改行せず一行で入力してください。
    javaにパスが通っていない場合は、javaが実行できるディレクトリでコマンドを実行してください。
  3. コマンドを実行すると下図のように、鍵と証明書を保管するためのデータベースファイルであるキーストア (Key Store) のパスワード入力が要求されます。加えて、秘密鍵のパスワード入力が要求されます。キーストア (Key Store) のパスワードと同じものを使う場合はエンターを入力してください。(下図では Press RETURN となっています。)最後にもう一度キーストア (Key Store) のパスワードを入力してください。

  4. ホスト名 (Common Name) .csr 名のファイルとホスト名 (Common Name) .jks 名のファイルができます。
    ホスト名 (Common Name) .csrのファイルがオーダー時に必要になるCSRです。このファイルをテキストエディター等で表示させ、-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST----- から -----END CERTIFICATE REQUEST----- までをコピーしオーダーフォームの CSR 入力画面に貼り付けてください。

マルチドメイン証明書

このウイザードではマルチドメイン証明書対応のCSRは作成できません。
マルチドメイン証明書をオーダいただく場合、サーバー証明書発行プロセスでサブジェクトの別名を正しく設定しますので、オーダーフォームではサブジェクトの別名欄にホスト名を入力していただき、CSRはこのウィザードで作成したものを利用してください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース