DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. IIS6(更新時)

IIS6 での CSR 作成方法(更新時)

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

既にDigiCertのSSLサーバ証明書をインストールしているサーバー上の Microsoft IIS6で更新作業用のCSRを発行する場合には、以下の手順でCSRを発行してください。
現在証明書を利用中のWebサイト上で更新用のCSRを発行した場合、利用中の証明書が使えなくなる場合があります。

1.IIS6 で作業用のWebサイトを作成する

  1. 「スタート」「プログラム」「管理ツール」「Internet Information Services(IIS)マネージャー」の順にクリックします。

    手順1

  2. 「サーバー名」をクリックし、「Web サイト」を右クリックし、「新規作成」「Webサイト」を選択します。

    手順2

  3. Webサイトの作成ウィザードが表示されたら、「次へ」をクリックします。

    手順3

  4. Webサイトの説明入力画面で判別しやすい名前を入力し、「次へ」をクリックします。

    手順4

  5. IPアドレスとポートの設定画面が表示されますので、任意のポート番号を入力()し、「次へ」をクリックします。
    ※ポートの重複を防ぐため、現在利用しているのとは別のポート番号を指定してください。

    手順5

  6. Webサイト ホーム ディレクトリ 画面で、任意のホームディレクトリを指定し、「次へ」をクリックします。

    手順6

  7. Web サイトのアクセス許可 画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。

    手順7

  8. 作業用のWebサイトの作成が完了しました。「完了」をクリックし、ウィザードを終了します。

    手順8

  9. 「Webサイト」の中に、今作成した作業用のWebサイトが作成されています。

    手順9

2.作業用サイトを利用してCSRを作成する

  1. 1の手順で作成した作業用のサイト名を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

    手順10

  2. 「ディレクトリセキュリティ」タブを選択し、「サーバ証明書」をクリックします。

    手順11

  3. 「Web サーバ証明書ウィザードの開始」ウィザードが起動しますので、「次へ」をクリックします。

    手順5

  4. 「証明書の新規作成」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    手順6

  5. 「証明書の要求を作成して後で送信する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    手順7

  6. 「名前」欄を任意の名称を入力し、「ビット長」を「2048」に変更します。
    「この証明書の暗号サービスプロバイダ(CSP)を選択する」にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

    手順8

  7. 「Microsoft RSA Schannel Cryptographic Provider」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

    手順9

  8. ここから、ディスティングイッシュネーム情報を入力します。
    ※証明書更新時のCSRには、対象の証明書と正確に一致するコモンネームを指定する必要があります。
  9. 「組織」及び「組織単位」を英数小文字で入力し、次へをクリックします。
    「組織」の記載はサーバー証明書を取得するドメイン登録の所有者名と完全に一致させてください。

    手順10

  10. サーバー証明を導入するホスト名を「一般名」欄に入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
    ワイルドカードサーバー証明書の場合は、アスタリスク * を使い、*.yourdomain.com のように記述してください。

    手順11

  11. 地理情報を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。
    「都道府県」「市区町村」とも英数半角文字だけで入力してください。

    手順12

  12. 証明書の要求ファイル名を任意に変更し、「次へ」ボタンをクリックします。

    手順13

  13. 「要求ファイルの概要」の内容を確認の上、問題が無ければ「次へ」をクリックします。

    手順14

  14. 「完了」をクリックし、「IIS 証明書ウィザード」を終了します。

    手順15

  15. 出来上がったファイルをテキストエディタで開き、オーダーフォームの CSR 入力欄に貼り付けてください。
SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース