DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. Domino Go

IBM Domino Goでの証明書のインストール方法

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

インストール手順

  1. ルート証明書ファイル(TrustedRoot.crt)をテキストエディタで開き、【TrustedRoot.txt】のファイル名でテキストファイルとして保存します。
  2. 中間証明書ファイル(DigiCertCA.crt)をテキストエディタで開き、【DigiCertCA.txt】のファイル名でテキストファイルとして保存します。
  3. サーバー証明書ファイル(your_domain_name.crt)をテキストエディタで開き、【your_domain_name.txt】のファイル名でテキストファイルとして保存します。
    各テキストファイルにはBEGINタグからENDタグまで証明書の全体が含まれるようにしてください。
  4. 証明書があるディレクトリからMKKFユーティリティを起動します。証明書があるディレクトリから起動する場合は、パスを入れる必要はありません。
    ※証明書をキーリングに入れる作業は、以下に示した順番通りに行ってください。
  5. MKKFユーティリティのメインメニューから「R」をクリックして、ルート証明書をキーリングに入れる作業を行います。
    1. ファイル名を求められたら、TrustedRoot.txtと入力します。
    2. ラベルとしてTrustedRootを入力します。
    3. Enterをクリックして継続します。
    4. W」をクリックしてキーと証明書とを連動させます。
    5. L」をクリックして連動するキーを選択します。
    6. TrustedRootを見つけたら、「S」を選択します。
    7. 'Trusted'ルートとしてマークするためTをクリックします。
    8. Y(Yes)をクリックして要求を確認します。
    9. Enterをクリックして前のメニューに戻ります。
    10. Xをクリックしてメニューを終了します。
  6. MKKFユーティリティのメインメニューから「R」をクリックして、中間証明書をキーリングに入れる作業を行います。
    1. ファイル名を求められたら、DigiCertCA.txtと入力します。
    2. ラベルとしてDigiCertRootを入力します。
    3. Enterをクリックして継続します。
    4. W」をクリックしてキーと証明書とを連動させます。
    5. L」をクリックして連動するキーを選択します。
    6. DigiCertRootを見つけたら、「S」を選択します。
    7. 'Trusted'ルートとしてマークするためTをクリックします。
    8. Y(Yes)をクリックして要求を確認します。
    9. Enterをクリックして前のメニューに戻ります。
    10. Xをクリックしてメニューを終了します。
  7. MKKFユーティリティのメインメニューから「R」をクリックして、サーバ証明書をキーリングに入れる作業を行います。
    1. サーバ証明書のファイル名(your_domain_name.txt)を入力します。
    2. W」をクリックして、キーと証明書を連動させます。
    3. L」をクリックして、連動するキーを選択します。
    4. 要求ファイルが見つかるまで「N」をクリックします。
    5. S」をクリックして証明書を選択します。
    6. F」をクリックしてDefault Key(デフォルトキー)としてキーをマークします。
    7. X」をクリックしてメニューを終了します。
  8. C」をクリックして、キーリングのstash file(隠しファイル)を作成します。
    ※重要な手順です。見落とさず確実に実行してください。
  9. X」をクリックし、メニューを終了します。
  10. Y(Yes)をクリックしてキーの変更をすべて保存し、更新を確認してください。

Domino Go Web ServerでSSLを有効にする

  1. ブラウザを使用してWebサーバーにアクセスします。
  2. Configuration & Administration Formsをクリックします。
  3. セキュリティオプションを探し、見つけます。Security Configurationをクリックします。
  4. Allow SSL connections Using Port 443が選択されていることを確認してください。
  5. 正しいキーリングファイルが記載されているのを確認します。
  6. 変更を適用します。
  7. Lotus Domino Web Serverを再起動してください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース