DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. IChain

IChainでのサーバー証明書のインストール方法

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

IChain2.2または2.3でのインストール手順

iChainはNovellでのサポートが終了しているプロダクトです。後継はNovell Access Managerです。
そのため、iChainではAdmin GUIを使って複数の中間証明書インストールことはできません。
しかし、以下の手順で証明書をインストールして設定すれば、証明書に必要なすべての中間証明書を有効にできます。
  1. お送りしたZIPファイルを展開します。次の4つの証明書ファイルがあります。

    • サーバ証明書ファイル:(例)www_domain_com.crt
    • 中間証明書ファイル:DigiCertCA.crt、DigiCertCA2.crt
    • ルート証明書ファイル:TrustedRoot.crt
  2. DigiCert Trusted Rootをダウンロードします。
  3. iChain Admin GUIで、「Home」->「Certificate Maintenance」とクリックし、CSR作成時に設定した「Certificate Name」を選択します。
    証明書のステータスは、"CSR in process"となっているはずです。
  4. 「Store Certificate」をクリックし、以下それぞれの証明書ファイルをテキストエディタで開き、対応する入力欄に貼り付けます。
    • CA Certificate Contents欄:DigiCertHighAssuranceEVRootCA.crt (手順2でダウンロードしたファイル)
    • Intermediate Certificate Contents欄:DigiCertCA.crt ("Include intermeidate certificate"のチェックボックスにチェックが入っていることを確認してください。)
    • Server Certificate Contents欄:www_domain_com.crt

    ※DigiCertCA2.crtはこのケースでは使いません。古いバージョンの場合利用します。

  5. 「Create」->「Apply」とクリックします。証明書のステータスが"Active"になります。
  6. 証明書がインストールされ、アクセレータに割り当て可能になります。

Novell Ichainの古いバージョンでの証明書インストール

  1. お送りした証明書、中間証明書、ルート証明書の各ファイルをサーバー上に保存します。
  2. 中間証明書とルート証明書をテキストエディタで開きます。BEGINタグとENDタグを含む全ての内容をコピーして、新しいテキストファイルに1.中間証明書、2.ルート証明書の順で貼り付け、まとめたものをDigicertbundle.pemとして保存します。
  3. ConsoleOneに行き、iChainサーバー用のICSコンテナーを開き、証明書を選択します。

  4. Certificatesタブのもとで「Import」をクリックします。次に「Read from File」を選択し、先ほど作成したDigicertbundle.pem証明書を参照します。

  5. 「Next」をクリックします。再度「Read from File」を選択し、証明書ファイル(your_domain_name.crt)を参照したら、「Finish」をクリックします。
    証明書のサブジェクトがオブジェクトのサブジェクトと一致していないとのエラーが表示された場合

    Accept the certificate.をクリックし、「Apply」をクリックします。これによって証明書はインストールされますが、Error 1240が表示されます。
    次に証明書を適用するドメインのAccelerator(アクセラレータ)を開きます。Certificateドロップダウンメニュー(Secure Exchangeエリア)で、 the certificate should be available. を選択し、「OK」->「Apply」をクリックします。

  6. 設定を適用するため、サーバーを再起動します。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース