DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. Ubuntu Server Apache2

Ubuntu Server Apache2へのインストール

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Apache2を利用したUbuntu Serverでの証明書のインストール方法

  1. 証明書ファイルをサーバーにコピー
    お送りした中間証明書ファイル(DigiCertCA.crt)と証明書ファイル(your_domain_name.crt)を、証明書をインストールするサーバーのキーファイルのあるディレクトリに保存します。
  2. 編集のためのApache設定ファイルを探す
    UbuntuのApache設定ファイルは通常/etc/apache2/sites-enabled/your_site_nameにあります。
    'sites-enabled'フォルダーにない場合は以下のコマンドを実行する必要があります。
    # sudo a2ensite your_site_name
    https接続とhttp接続のどちらからもサイトにアクセス可能にする必要がある場合は、/etc/apache2/sites-enabled/にport80用とport443用の2つのファイルを別々に用意する必要があります。

    テキストエディタでファイルを開くとApacheの設定があるVirtualHostブロックを見つけられます。
    以下の手順でSSL利用を設定してください。

  3. SSL-enabled site(SSL有効化サイト)用に<VirtualHost>ブロックを設定

    以下はVirtualHostのSSL用設定の一部抜粋です。
    太字表示部分が、SSL設定用設定の必須項目です。

    <VirtualHost 192.168.0.1:443> DocumentRoot /var/www/ SSLEngine on SSLCertificateFile /path/to/your_domain_name.crt SSLCertificateKeyFile /path/to/your_private.key SSLCertificateChainFile /path/to/DigiCertCA.crt </VirtualHost>

    以下を参考に証明書ファイル名は書き換えてください。

    • SSLCertificateFile:取得した証明書ファイルのファイル名(例: your_domain_name.crt)に変更

    • SSLCertificateKeyFile:CSR作成時に生成したキーファイル名に変更

    • SSLCertificateChainFile:お送りした中間証明書ファイルのファイル名(DigiCertCA.crt)に変更

    中間証明書で問題が起きる場合は「SSLCertificateChainFile /path/to/DigiCertCA.crt」を「SSLCACertificateFile /path/to/DigiCertCA.crt」に置き換えてみてください。

  4. Apache設定をテストしてから再起動

    設定を有効にするためにはApacheの再起動が必要ですが、設定ファイルにシンタックスエラーがあると、Apacheが再起動しませんので、再起動の前に以下のコマンドを実行し、Apache設定ファイルのエラーチェックを行ってください。

    # apachectl configtest
    
  5. Apacheの再起動

    以下のコマンドを実行し、Apacheを再起動します。

    # apachectl stop
    # apachectl start
    "apachectl start"コマンドで、ApacheのSSLが有効にならない場合は、"apachectl startssl"を実行してみてください。
    "apachectl startssl"でApacheのSSLが有効になるようであれば、apachectl コマンドを編集し、"apachectl start"でSSL有効でapacheが起動するように変更しておいてください。 ログ更新などにより、"apachectl start"による再起動は頻繁に行われますので、この設定は重要です。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース