DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. 証明書選択ガイド
  4. Apacheのサーバ証明書

Apacheのサーバ証明書

DigiCertが提供するApache対応のサーバ証明書

Apacheサーバー上の複数のWebサイトでSSLを使うのであれば、ぜひDigiCertのサーバー証明書をご採用ください。
DigiCertが提供するすべてのタイプの証明書がApacheに対応しています。
多くの大企業や大学、政府機関が DigiCertのサーバ証明書を採用し、大幅なSSLアクセスコスト削減に成功しています。

・www.ドメイン名+ドメイン名をカバーできるSSLサーバ証明書
・同一ドメイン内のすべてのホスト名+ドメイン名で利用できるSSLサーバ証明書
・1枚の証明書を複数のドメイン名、ホスト名で利用できる証明書
・緑のバーでサイトの安全性をアピール可能 複数サーバに設置可能なEV証明書
・1枚で複数のドメイン名、ホスト名で利用可能 複数サーバで利用可能なEV証明書

マルチドメイン証明書・EVマルチドメイン証明書は、デフォルトの価格ではそれぞれ4FQDN・3FQDNをカバーし、以降25FQDNまで追加できます。
詳細はプライスリストをご確認ください。

CSRの作成とインストール

opensslでCSRを作成するウイザード

ApacheのCSRと秘密鍵はopensslコマンドで作成しますが、コマンドの知識がない方でも簡単にCSRと秘密鍵を作成できるウイザードを用意しました。
ウイザードのガイドに従って必要事項を入力すれば、必要なオプションを含んだopensslコマンドが表示されます。
そのコマンドをshell画面に貼り付けるだけで、CSRと秘密鍵が作成できます。

証明書のインストール

手動でのサーバー証明書のインストールのガイドページ、CpanelやPleskのグラフィカルインターフェースを使ったインストールのガイドページを用意しています。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース