DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. 証明書選択ガイド
  4. Microsoft OCS(Microsoft Office Communications Server)のサーバ証明書

Microsoft OCS(Microsoft Office Communications Server)のサーバ証明書

Microsoft OCS(Microsoft Office Communications Server)では、マルチドメイン証明書のご利用をおすすめします。
DigiCertのOCS向けマルチドメイン証明書は、設定が非常に簡単です。
DigiCertはMicrosoftが推奨する証明書認証局(CA)で、OCSに完全対応しています。

DigiCertのマルチドメイン証明書でSSL設定がシンプルに

DigiCertのマルチドメイン証明書を使えば、一枚の証明書のインストールですべてのSSL通信をカバーできます。

DigiCertマルチドメイン証明書の特徴

  • ローコストでご利用いただけます。
  • ほとんどのブラウザに対応しています。
  • 1枚のサーバー証明書をサーバー数無制限で利用できます。
  • 証明書の有効期限中であれば何回でもサーバー証明書の再発行ができます。

Microsoft OCS(Microsoft Office Communications Server)で利用できる証明書

Microsoft OCSでは、以下の証明書をご利用いただけます。
DigiCertの証明書は、サーバー台数無制限で利用可能です。また、異なるOSで利用する際など、再発行も無料で行えます。
※OCS (Microsoft Office Communications Server) では、ワイルドカードサーバー証明書は利用いただけません。

・www.ドメイン名+ドメイン名をカバーできるSSLサーバ証明書
・1枚の証明書を複数のドメイン名、ホスト名で利用できる証明書
・緑のバーでサイトの安全性をアピール可能 複数サーバに設置可能なEV証明書
・1枚で複数のドメイン名、ホスト名で利用可能 複数サーバで利用可能なEV証明書

マルチドメイン証明書・EVマルチドメイン証明書は、デフォルトの価格ではそれぞれ4FQDN・3FQDNをカバーし、以降25FQDNまで追加できます。
詳細はプライスリストをご確認ください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース