DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2013年9月18日のリリース

EVサーバ証明書「EV マルチドメイン証明書」の日本法人への提供を開始

DigiCert, Inc.(本社:アメリカ・ユタ州)の代理店としてDigiCert SSLサーバ証明書の取得代行を行う株式会社アールエムエス(本社:東京都世田谷区、代表取締役:望月 忠雄)では、複数ドメインからなる複数ホスト名(FQDN)で利用できるマルチドメイン対応の EV SSLサーバ証明書「EV マルチドメインサーバ証明書」の日本法人への提供を開始しました。
EV マルチドメインサーバ証明書は、証明書のサブジェクトの別名欄を利用することで1枚の証明書に対し最大25ホスト名を追加できます。

ホスト名を最大数追加した場合、1年間の1ホスト名あたりの費用は15,286円(合計25ホスト名・2年間有効タイプで取得した場合)と格安で、多数のドメイン・ホスト名で EV SSLサーバ証明書を利用したい場合、コスト削減に大変効果的です。
インストールできるサーバー台数(IPアドレス数)に制限を設けていないため、複数のサーバー上で複数ドメイン名・複数ホスト名を管理している場合にも、追加ライセンスの購入は必要ありません。このような自由度の高い特長から、クラウド環境での利用にも適しています。

EVマルチドメイン証明書が1枚あれば、利用するすべてのドメイン・サーバーにセキュリティの高いEV SSLサーバ証明書を導入することができるため、証明書を複数用意したり通常のSSLと使い分けたりする手間もなく、管理するすべてのサーバーでより安全な環境を構築することができ、フィッシング詐欺対策やコンバージョン率向上に効果的です。
また、DigiCertは 証明書発行団体としてMicrosoftより推奨されており、EV マルチドメインサーバ証明書はMicrosoft Exchange、Office Communications Server、Microsoft Lyncサーバーでの利用にも最適です。

■ EV SSL サーバ証明書とは
証明書発行業界を代表する認証局ベンダがブラウザベンダなどと連携して設立したCA/ブラウザフォーラムの策定した認証や発行、保守についての運用基準に則り発行される信頼性の高いSSL サーバ証明書。厳格な認証の証として緑色のアドレスバーを利用することが可能。
緑のアドレスバーと、サイト運営者の社名が表示されることにより、安全性をより視覚的に判断できるため、ECサイトの売り上げやコンバージョン率向上、フィッシング詐欺対策等の効果が期待できる。
■ EV マルチドメインサーバ証明書 概要
  • ひとつのサーバー証明書に最大25ホスト名(FQDN)まで追加可能(ドメイン名の異なる複数のホスト名も1枚でカバー)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 緑のアドレスバーを利用可能
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能

◇価格(税込み)
1年間有効:68,460円
2年間有効:109,095円(1年当たり:54,548円)

◇追加ホスト名 価格(税込み・1ホスト名あたり)
1年間有効:15,750円
2年間有効:27,300円(1年当たり:13,650円)

【例】1ホスト名あたりの費用:2年間有効の証明書を25ホスト名で利用する場合
109,095円+27,300円×24(最初の1ホスト名は証明書本体に含まれます)=764,295円
666,150円/2年=382,148円
333,075円/25ホスト名=15,286円

■その他詳細は、以下のページをご覧ください。
http://rms-digicert.ne.jp/service/ev-multi-domain-ssl.html

株式会社アールエムエスが代理店として販売している DigiCert の証明書

  • ひとつのサーバー証明書で https://www.<ドメイン名>/ と https://<ドメイン名>/ の両方をカバー
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 緑のアドレスバーを利用可能
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能

◇価格(税込み)
1年間有効:47,200円
2年間有効:75,040円(1年当たり:37,520円)

■ WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書)
  • ひとつの証明書で同一ドメインの全ホスト名とドメイン名自体をカバー(※1)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
【※1:例】「*.○○○.com」で WildCard Plus を取得した場合
aa.○○○.com、bb.○○○.com、cc.○○○.com ・・等の全ホスト名で利用可能

◇価格(税込み)※9月1日より価格改定
1年間有効:89,250円
2年間有効:160,500円(1年当たり:80,250円)
3年間有効:213,750円(1年当たり:71,250円)

  • Subject Alternative Names(サブジェクトの別名)欄を活用し、ひとつの証明書でドメイン名の異なる複数のホスト名や、グローバルなIPアドレスを持たないホスト名、IPアドレスそのものなどを幅広くカバー(※2)できるマルチドメインサーバ証明書
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
  • Microsoft Exchange、Office Communications Server、Microsoft Lyncに最適
【※2:例】以下のような異なるホスト名・IPアドレスもカバー
www.○○.com、.srever1、1.0.16.xxx、172.16.x.xx ・・等も1枚の証明書で対応可能
(デフォルトで4ホスト名までをカバー、以後150ホスト名まで追加可能)

◇価格(税込み)
1年間有効:48,510円~
2年間有効:86,730円~(1年当たり:43,365円)
3年間有効:115,500円~(1年当たり:38,500円)

  • ひとつのサーバー証明書で https://www.<ドメイン名>/ と https://<ドメイン名>/ の両方をカバー(※3)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
【※3:例】「www.○○.ne.jp」で SSL Plus を取得した場合
「https://www.○○.ne.jp」も「https://○○.ne.jp」も警告を出さずに表示させることが可能

◇価格(税込み) 1年間有効:32,340円
2年間有効:57,540円(1年当たり:28,770円)
3年間有効:77,280円(1年当たり:25,760円)

■その他、DigiCert SSL サーバ証明書の詳細はWebをご覧ください。

/

■会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都世田谷区南烏山5-24-7
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース