DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年3月12日のリリース

Chromeポリシー変更でCertificate Transparency(CT)未対応証明書に警告

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

DigiCertサーバ証明書 2014年3月11日以降発行の全証明書でCT対応

Googleが先ごろ発表したCT(Certificate Transparency:透かし入り証明書 以下「CT」)log 展開計画が実施となったことに伴いChromeの証明書ポリシーが変更され、インストールされている証明書のCTへの対応/未対応情報が判別されるようになりました。
CT未対応のサーバ証明書の場合には証明書情報に「公開監査記録がありません」と警告表示され、利用者に証明書への不安感を抱かせるものになっています。
DigiCert(デジサート/本社:アメリカ・ユタ州)はGoogleとともにCT実現の準備に取り組んできた認証局であり、発行する証明書もこの変更に対応しています。
DigiCert の日本代理店である株式会社アールエムエス(本社:東京都多摩市)ではこれに合わせ、2014年3月11日以降取り扱う全証明書について、他の認証局に先駆けCTに対応することとなりました。この対応で、Chromeブラウザで証明書情報を表示した際には全ての証明書で「公開監査が可能です。」と記載されるようになり、サイトの信頼が高まります。

既に発行済みの証明書も再発行を行うことでCTに対応することができます(再発行手数料:無料)。

CT(Certificate Transparency:透かし入り証明書)の仕組み

不正に発行された証明書の早期発見のため、CA(認証局)から正規に発行される証明書の情報を public log(ログサーバー)へ登録する仕組みです。

株式会社アールエムエスが代理店として販売している DigiCert の証明書

  • ひとつのサーバー証明書で https://www.<ドメイン名>/ と https://<ドメイン名>/ の両方をカバー
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 緑のアドレスバーを利用可能
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能

◇価格(税抜)
1年間有効:45,000円
2年間有効:71,500円

  • ひとつのサーバー証明書に最大25ホスト名(FQDN)まで追加可能(ドメイン名の異なる複数のホスト名も1枚でカバー)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 緑のアドレスバーを利用可能
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能

◇価格(税抜)
1年間有効:65,200円~
2年間有効:103,900円~

  • ひとつの証明書で同一ドメインの全ホスト名とドメイン名自体をカバー(※1)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
【※1:例】「*.○○○.com」で WildCard Plus を取得した場合
aa.○○○.com、bb.○○○.com、cc.○○○.com ・・等の全ホスト名で利用可能

◇価格(税抜)
1年間有効:85,000円
2年間有効:152,900円
3年間有効:203,600円

  • Subject Alternative Names(サブジェクトの別名)欄を活用し、ひとつの証明書でドメイン名の異なる複数のホスト名や、グローバルなIPアドレスを持たないホスト名、IPアドレスそのものなどを幅広くカバー(※2)できるマルチドメインサーバ証明書
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
  • Microsoft Exchange、Office Communications Server、Microsoft Lyncに最適
【※2:例】以下のような異なるホスト名・IPアドレスもカバー
www.○○.com、.srever1、1.0.16.xxx、172.16.x.xx ・・等も1枚の証明書で対応可能
(デフォルトで4ホスト名までをカバー、以後150ホスト名まで追加可能)

◇価格(税抜)
1年間有効:46,200円~
2年間有効:82,600円~
3年間有効:110,000円~

  • ひとつのサーバー証明書で https://www.<ドメイン名>/ と https://<ドメイン名>/ の両方をカバー(※3)
  • インストール先サーバー台数(IPアドレス数)無制限
  • 異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能
【※3:例】「www.○○.ne.jp」で SSL Plus を取得した場合
「https://www.○○.ne.jp」も「https://○○.ne.jp」も警告を出さずに表示させることが可能

◇価格(税抜)
1年間有効:30,800円
2年間有効:54,800円
3年間有効:73,600円

※動作確認できるテスト証明書(30日間無料)も発行しています。

詳細: http://rms-digicert.ne.jp/service/testcert.html

■会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース