DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年9月24日のリリース

ウェブサイトセキュリティのテストツール利用方法を公開

SSLサーバ証明書の認証局 DigiCert(デジサート:米国ユタ州)の日本代理店である株式会社アールエムエス(東京都多摩市)では、SSLサイトの安全性をテストするツール「SSL Server Test」の利用方法についての解説ページを公開しました。
いくら信頼できるSSLサーバ証明書を設置していても、Webサーバーのバージョンアップが正しく行われていない等の場合は、安全性は確保できません。
セキュリティレベルをチェックし適切に対応することで、Webサイトやサイトを訪れるユーザーの安全性を確保でき、信頼できるサイトとしての評価を得られます。

「SSL Server Test」とは

脆弱性管理サービスなど、ネットワークセキュリティの分野で高く評価されている米国・Qualys社が提供するセキュリティレベルと設定をテストできるWebサイトです。Googleのウェブマスター向け公式ブログでも紹介されています。
DigiCertの証明書を使っていれば、このツールでの「Certificate(証明書)」項目の評価は100点になります。

アールエムエスが代理店として販売しているDigiCertの証明書(価格は消費税抜)

■EV SSLサーバ証明書(日本語社名入りの緑色のアドレスバーが利用可能)
□EV SSL Plus

・1ホスト名+ドメイン名をカバーできるEV SSLサーバ証明書
【価格】1年間有効:45,000円/2年間有効:71,500円
http://rms-digicert.ne.jp/service/ev-ssl-plus.html


□EV マルチドメインサーバ証明書

・複数ドメイン名でのグリーンアドレスバー利用が可能なマルチドメインタイプ
【価格】1年間有効:65,200円~/2年間有効:103,900円~
http://rms-digicert.ne.jp/service/ev-multi-domain-ssl.html


■SSLサーバ証明書(実在性認証SSL)
□WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書)

・同一ドメイン内のすべてのホスト名+ドメイン名で利用できる
【価格】1年間有効:85,000円/2年間有効:152,900円/3年間有効:203,600円
http://rms-digicert.ne.jp/service/wildcard-plus.html


□UCサーバ証明書(ユニファイド コミュニケーション証明書)

・1枚の証明書を複数のドメイン名で利用できるマルチドメインタイプ
【価格】1年間有効:46,200円~/2年間有効:82,600円~/3年間有効:110,000円~
http://rms-digicert.ne.jp/service/ucc.html


□SSL Plus

・1ホスト名+ドメイン名をカバーできる
【価格】30,800円/2年間有効:54,800円/3年間有効:73,600円
http://rms-digicert.ne.jp/service/ssl-plus.html

※各証明書は、インストール先サーバー台数無制限、異なるOS・プラットフォームに対応 ※動作確認できるテスト証明書(30日間無料・EV製品除く)も発行 詳細: http://rms-digicert.ne.jp/service/testcert.html

会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース