DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2017年3月8日のリリース

Windows「開発者アカウント設定手順」を公開

DigiCert(デジサート)の正規代理店で、DigiCertのSSLサーバ証明書・コードサイニング証明書各種を国内最安値で提供する株式会社アールエムエス(本社:東京都多摩市、代表取締役:望月 忠雄)では、「Windows ハードウェア互換性プログラム」と「Windows ハードウェア認定プログラム」の前準備として必須のDigiCert EVコードサイニング証明書を使った「開発者アカウント設定手順」をわかりやすく解説したページを公開しました。このページは2017年2月2日に更新されたMicrosoft社の最新情報を反映しています。 開発者アカウント設定後ハードウェア認定を受けることで、「Windows Server Catalog」および「Windows Certified Products List」にハードウェアを掲載したり、「Windows Update」でドライバーを配布したりできるようになります。

Windows「新しいハードウェアの提出」前準備「開発者アカウント設定手順」
https://rms-digicert.ne.jp/codesigning/howto/register-for-the-hardware-program.html

アールエムエスが国内最安値で提供しているDigiCertの証明書一覧(価格は消費税抜)

コードサイニング証明書

DigiCertの証明書はMicrosoftから推奨されています。

■EVコードサイニング証明書:1年あたり58,333円~
2要素認証のUSBトークンでご提供する「EVコードサイニング証明書」
■EVコードサイニング証明書 プレミアム:1年あたり75,933円~
「EVコードサイニング証明書」と「コードサイニング証明書」のセット

SSLサーバ証明書

■EV SSL Plus:1年あたり29,900円~
https://rms-digicert.ne.jp/service/ev-ssl-plus.html
・緑のバーでサイトの安全性をアピール可能 複数サーバに設置可能なEV証明書
■EV マルチドメイン証明書(3FQDN):1年あたり51,750円~
https://rms-digicert.ne.jp/service/ev-multi-domain-ssl.html
・1枚で複数のドメイン名、ホスト名で利用可能 複数サーバで利用可能なEV証明書
■SSL Plus(企業認証SSL):1年あたり26,533円~
https://rms-digicert.ne.jp/service/ssl-plus.html
・1ホスト名+ドメイン名をカバーできるSSLサーバ証明書
■WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書):1年あたり88,000円~
https://rms-digicert.ne.jp/service/wildcard-plus.html
・同一ドメイン内のすべてのホスト名+ドメイン名で利用できるSSLサーバ証明書
■マルチドメイン(SAN)証明書:1年あたり50,883円(4FQDN)~
https://rms-digicert.ne.jp/service/ucc.html
・1枚の証明書を複数のドメイン名、ホスト名で利用できるUCサーバ証明書
※各証明書はインストール先サーバー台数無制限、異なるOS・プラットフォームに対応
※証明書の有効期間は1年間・2年間・3年間(EVは1年間・2年間)から選択可能
※暗号アルゴリズムはRSA(SHA-2のみ)/ECCから選択可能

会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース