sslサーバ証明書 Standard SSL(SSL Plus) WildCard Plus UCサーバ証明書 EVサーバ証明書 動作環境 プライスリスト 主な利用団体 30日間返金保証制度
  1. ホーム
  2. サービス
Standard SSL(SSL Plus) WildCard Plus マルチドメイン証明書 EVサーバ証明書 EV マルチドメイン証明書
動作環境 プライスリスト サイトシール 主な利用団体 30日間返金保証制度

企業認証SSLサーバ証明書を低価格で

キャンペーン実施中

DigiCert企業認証サーバ証明書

企業認証SSLサーバ証明書は、証明書の取得者が実在することを検証してから発行される安全性の高いSSLサーバ証明書です。
Webサイト閲覧者は証明書からWebサイト運営者の情報を確認することができるため、フィッシングやオンライン詐欺被害を防ぐことができます。

DigiCertは認証局として SSL サーバ証明書を販売するにあたり、信頼性の高さを何よりも重要視しています。
そのため、DigiCertの発行するすべての SSLサーバ証明書は、不正を防ぐため【組織の実在】と【ドメインの有効性】を、都度人の目で検証しています。また、証明書認証対象のドメインを、証明書の申請者(組織及び個人)が実際に管理できているのかどうかも合わせて検証しています。

このように信頼性の高さを保ちながら、DigiCertは他の認証局にはないコストパフォーマンスを実現しています。
国内有力認証局と比較すると、同一機能の証明書を最大約78%も安く取得することが可能です。
DigiCertではドメインの有効性検証だけで発行されるいわゆる「ドメイン認証」「クイック認証」などと呼ばれる証明書は安全性の確保ができないと考え、取り扱っておりません。

DigiCertのSSLサーバ証明書は、ほとんどのブラウザ、スマートフォン、OS、サーバ、通信デバイス上で利用することができます。MicrosoftもDigiCertのSSLサーバ証明書を推奨しています。

  • 30日間無料テスト証明書の発行
  • 30日間返金保証制度
  • 証明書の無料再発行とサーバー数無制限での利用可能

適切なSSL証明書を選択する

組織のニーズにより、取得すべき証明書の内容は異なります。
どの証明書を取得すべきか判断に迷われる場合は、お気軽にお問合せください。

株式会社アールエムエス 法人営業部
DigiCert(デジサート)担当宛
mail: info@rms-digicert.ne.jp

SSL サーバ証明書ラインナップ

同一ドメインの全ホスト名(サブドメイン名)にワイルドカード形式で対応するサーバ証明書です。インストール先のサーバー台数に制限はありません。

Subject Alternative Names(サブジェクトの別名) 欄を活用し、ひとつのサーバ証明書で複数のホストでの利用を可能にした証明書です。ドメイン名の異なる複数のホスト名などを25ホスト名までをカバーできます(デフォルトの価格では4ホスト名まで追加可能)。
元々は Microsoft Exchange Server 2007 のために設計された証明書ですが、Apache などでも利用することができます。

1ホスト名を対象としたSSLサーバ証明書です。【www.ドメイン名】と【ドメイン名】どちらでアクセスしても警告なしで表示でき、インストール先のサーバー台数にも制限はありません。

SSLサーバ証明書については、以下のページもご参照ください。

EV SSLサーバ証明書については、以下からご参照ください。

EV SSLサーバ証明書

DigiCert サーバー証明書は、世界180ヵ国、80,000 以上の政府機関、企業、大学、各種団体で利用されています。 主な利用団体ページをご覧ください。

digicertをオーダーする

digicertをオーダーする
お問合せ
SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース

|会社概要|ニュースリリース|特定商取引法に関わる表記|プライバシーポリシー|利用規約|よくあるお問合せ(FAQ)|サイトマップ|

株式会社アールエムエス
Copyright (C) RMS Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社アールエムエスは、DigiCertの正規代理店です。

/* */