DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
SSL/TLSサーバ証明書・EV SSL/TLSサーバ証明書
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サービス
  3. マルチドメイン証明書
Standard SSL(SSL Plus) WildCard Plus マルチドメイン証明書 EV SSL Plus EV マルチドメイン証明書
動作環境 プライスリスト サイトシール 主な利用団体 30日間返金保証制度
価格

マルチドメイン証明書

memoマルチドメイン証明書とは

従来の証明書は一つの完全修飾ドメイン名(Fully Qualified Domain Name)ごとに証明書が必要でした。しかし、マルチドメイン証明書ではひとつの証明書で複数のドメイン名・サブドメイン名を証明します。
マルチドメイン証明書は、発行される証明書のSubject Alternative Names(サブジェクトの別名)欄を活用し、ひとつのサーバ証明書で複数のホストでの利用を可能にしました。
マルチドメイン証明書はMicrosoft Exchange用に開発されましたが、現在では多くのWebサーバーやメールサーバーで使われています。
当初は、Unified Communications Certificate (UCC)証明書やUC証明書と呼ばれていましたが、現在ではマルチドメイン証明書の呼び名が一般的になっています。Microsftでは「統合コミュニケーション証明書」と呼ばれています。

DigiCertマルチドメイン証明書を国内最安値で取得可能

DigiCertマルチドメイン証明書を国内最安値で取得できます。
証明書1枚(1ライセンス)で、デフォルトで4ホスト名までをカバーします。その後、必要に応じて最大で25ホスト名まで追加可能です。
Microsoft Exchange、Office Communications Server、Microsoft Lync で利用するサーバ証明書として、これに勝る選択はないでしょう。

DigiCert は Microsoft Exchange Serverでよく利用されるマルチドメイン証明書発行団体として、Microsoftが推奨する発行団体のひとつです。
多くのサーバ証明書発行団体がある中で、Microsoft が推奨するのは DigiCert を含む8社だけです。
参照:Microsoft サポート

マルチドメイン証明書は Microsoft Exchange Server での利用がよく知られていますが、他の多くのサーバーでも、Subject Alternative Names(サブジェクトの別名)欄を活用すれば、ひとつのサーバ証明書を複数のホストで利用することができます。

例:www.creative-japan.org に対して発行されたマルチドメイン証明書の「詳細」→「サブジェクトの別名」欄にDNS Nameを追加することで、1枚の証明書に対してデフォルトで4ホスト名までをカバーします。
マルチドメイン証明書特徴

DigiCertのマルチドメイン証明書はドメイン所有者の実在も証明します。そのため、1枚の証明書に含まれるドメインは全て所有者が同一でなければなりません。

WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書)がひとつの証明書で同一ドメインの全ホスト名をカバーするのに対し、マルチドメイン証明書は異なるドメイン名であっても、1枚のサーバ証明書で最大25件までのホストをカバーできます。

特徴

サーバー数無制限
一般に、サーバ証明書は1台の物理サーバーでのみ利用可能ですが、DigiCertのサーバ証明書にはそうした制限はありません。マルチドメイン証明書をサーバー数無制限で利用いただけます。

管理がしやすい
複数のIPアドレスを用意し、複数のサーバ証明書をインストールするのと比べ、管理しやすくなります。

ホスト名が変更可能
一度発行された証明書にホスト名を追加したり、削除したりの変更が可能です。

発行済みの証明書に5ホスト名目以降を追加して証明書を再発行する場合には、証明書の有効期限に合わせた日割り計算分の費用が必要です(4ホスト名以内の追加・削除の場合は対象外)。詳細はプライスリストの該当箇所をご覧ください。
発行済みの証明書へのホスト名追加をご希望の場合は、info@rms-digicert.ne.jp までお問合せください。

ほとんどのブラウザに対応
DigiCertのルート証明書はほとんどのブラウザにインストールされています。

マルチドメイン証明書 が利用可能なソフトウエア

コストを大幅に削減します!

DigiCertのマルチドメイン証明書は、複数の異なるOS上での利用が可能です。
Exchangeの各種のセキュアサービス (OWA, SMTP, Autodiscovery, ActiveSync, Outlook Anywhere) も、ひとつのマルチドメイン証明書上で利用できます。
そのため、サーバー管理が非常にシンプルになり、複雑さゆえに発生しがちな障害を減らすことができます。
さらに、DigiCert サーバ証明書はマシーン数無制限で利用できますので、Webサーバーとメールサーバーなどサービスごとに別マシンで運用されている場合でも、1枚のマルチドメイン証明書をエクスポート・インポートして利用することで、すべてのサービスをカバーできますので、SSL/TLS環境構築のコストを大幅に削減することも可能です。

高機能で低価格な企業認証SSL/TLSを実現!他社同様製品との比較を見る

マルチドメイン サーバ証明書 利用例

DigiCertのマルチドメイン証明書は、デフォルトの価格で4つのホスト名(FQDN)をカバーします。その後は1ホスト名ずつ追加することができ、最大25ホスト名までをひとつの証明書で利用できます。

例:

1. www.example.com
2. mail.example.com
3. secure.example.net
4. www.example.biz
  上記ケースで 55,500円(税抜:1年間有効の場合)
1. mail.example.com
2. autodiscover.example.com
3. webmail.example.com
4. exchange1.example.local
5. exchange1
  上記ケースで 62,500円(税抜:1年間有効の場合)
※4ホスト名を越えるホスト名をマルチドメイン証明書に追加する場合、1ホスト名ごとに、1年間有効で 7,000円、2年間有効で 13,000円、3年間有効で 18,000円の追加費用が発生します(税抜)。詳細はプライスリストをご確認ください。
プライスリストを見る>>
digicertをオーダーする

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース