DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
SSLサーバ証明書・EV SSLサーバ証明書
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サービス
  3. SecureWiFi証明書

「SecureWiFi証明書」は、公衆Wi-Fiの安全を確保するWi-Fi用の証明書です

Wi-Fi証明書はPasspoint2システムで標準化された証明書で、Wi-Fi Allianceが推奨しています。
DigiCertは、Wi-Fi証明書を発行することができるWi-Fi Alliance認定の二認証局のうちの一つです。

SecureWiFi証明書利用のメリット

DigiCertのSecureWiFi証明書は、Wi-Fi接続の最初のサインアップ時、以下のことを保証します。

  • 接続先プロバイダが暗号化した接続を提供していること
  • 偽装された接続先ではないこと

サービスプロバイダはSecureWiFi証明書を採用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

サービスプロバイダの信憑性を保証

DigiCertはSecureWiFi証明書の発行にあたり、証明書の発行先であるサービスプロバイダが、正当で信用できるプロバイダであるかを厳正に審査します。
SecureWiFi証明書を利用していることは、この審査に合格していることの証になります。

モバイル機器の接続画面にプロバイダのロゴとブランド名を表示

Wi-Fi証明書には、サービスプロバイダのロゴとブランド名の情報が含まれています。
これにより、モバイル機器の利用者は通信の接続先が証明書によって承認されている正当なプロバイダであることを、目で見て簡単に確認できます。

オンラインサインアップ処理を暗号化

モバイル機器の利用者がWi-Fi証明書を使っているOSU(オンラインサインアップ)サーバに接続すると、そのサーバーとのサインアップ処理の通信中、パスワードやユーザー名などのログイン資格情報を含めすべてのデータが暗号化されます。

Wi-Fi Alliance選定認証局

Wi-Fi Allianceの新しい通信基準「Passpoint2」では、プロバイダ認定と暗号化処理にデジタル証明書が利用されています。DigiCertは、Wi-Fi証明書を発行することができるWi-Fi Alliance認定の二認証局の一つです。
Wi-Fi証明書を取り入れたプロバイダは、セキュリティ意識の高いプロバイダとして認識されるようになります。

また、SecureWiFi証明書ユーザーのモバイルとOSU(オンラインサインアップ)サーバ間の通信データの暗号化により、サービスプロバイダへのサインアップ時の安全性も確保することができるようになったことで、ユーザーはWi-Fi利用時に以下のようなメリットを得ることができます。

安全な接続の選択が簡単に
ロゴとブランド名で表示された信頼できるサービスプロバイダを選択できるので、Wi-Fi利用時に迷うことなくより安全な接続を利用できるようになります。
情報はすべて暗号化
サービスプロバイダとの通信はログイン情報も含めたすべてがSecureWiFi証明書によって暗号化され処理されます。インターネット上はもちろん、同一のワイヤレスアクセスポイント利用者からも通信内容の盗聴は不可能です。

SecureWiFi証明書の取得について

SecureWiFi証明書を取得するためには、Wi-Fi Allianceが認定した認証局に申し込む必要があります。
証明書申請時には、認証局に書類を提出し、会社の実在性と合法的な業者であることを証明する必要があります。
認証局による承認プロセスに合格したサービスプロバイダだけが、証明書を取得することができます。

SecureWiFi証明書の機能

証明書を取得したサービスプロバイダがOSU(オンラインサインアップ)サーバにSecureWiFi証明書をインストールします。
この証明書は、サービスプロバイダとモバイル機器間のオンラインサインアップ処理の際に使われます。

利用イメージ
公衆無線LANを使ってインターネットに接続する場合
  1. モバイル機器はワイヤレス・アクセスポイント(Wi-Fiホットスポット)に接続します。
  2. ワイヤレス・アクセスポイントはモバイル機器に利用可能なサービスプロバイダのリストを提供します。
  3. モバイル機器は各サービスプロバイダのOSU(オンラインサインアップ)サーバが有効なSecureWiFi証明書を持っているかをチェックします。
  4. モバイル機器接続画面に利用可能なサービスプロバイダの一覧が表示されます。
    ※SecureWiFi証明書を持っているプロバイダはロゴとブランド名で表示され、一目で信頼できる接続先であることが確認できます。
こうした仕組みを利用するためには、モバイル機器がPasspoint2.0対応である必要があります。
Passpoint2.0認証のモバイル機器には、SecureWiFi証明書のルート証明書が信頼されたルート証明書として登録されています。
このルート証明書は、OSUサーバのSecureWiFi証明書が正式なものであるということを認識させる役割を担っています。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース