DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. SSLサーバ証明書とは

SSLサーバ証明書とは

インターネット通信は、TCP/IPと呼ばれる基本通信プロトコルを使って行われています。
TCP/IPでは、パケットと呼ばれる小分けされたデータを、サーバー、ルーター、スイッチなどを通してバケツリレーのように受け渡しています。
FTP、HTTP、IMAP、POP3、SMTPなどの上位の通信プロトコルは、TCP/IPを利用してパケットの受け渡しを行っています。TCP/IPを利用して受け渡されるパケットが暗号化されていない場合は、通信経路上での閲覧、改ざんが可能です。
これを防ぎ、通信経路上の安全性を確保するために、FTPS、HTTPS、IMAPS、POP3S、SMTPSなどの通信プロトコルが利用されます。これらのプロトコルではパケットのデータ部分が暗号化され、閲覧、改ざんが不可能になっています。
この通信プロトコルで重要な働きをしているのが、SSLサーバ証明書です。
本ページでは、SSLサーバ証明書についてできるだけ簡略化し、わかりやすくご説明します。

SSLサーバ証明書はなぜ利用されるのか

SSLサーバ証明書は二つの機能を担っています。
一つは暗号化通信に必要な鍵を通信の当事者間(例: Web サーバーとブラウザ)で安全に共有することです。
もう一つは通信相手のサーバーが真の通信相手であることを保証することです。

鍵を通信の当事者間で安全に共有する

暗号通信のためには、通信の当事者だけが知っている鍵が必要です。
単純な例ですが、「アルファベットを数字分後ろにずらす」鍵【12345678】を使用した場合、この鍵で暗号化した【digicert】は【ekjmhkyb】になります。
受信者がこの鍵で暗号化されたデータだと知っていれば【ekjmhkyb】を【digicert】に復号化できます。
既知の人間同士の場合なら二人だけの鍵を事前に共有することもできますが、インターネットでは鍵の共有には特別な方法が必要です。これを「公開鍵暗号」と呼びます。
SSLサーバ証明書には公開鍵が含まれていて、これによって「鍵を通信の当事者間で安全に共有する」ことができます。
詳しくは「公開鍵暗号」のページを参照してください。

詳細:公開鍵暗号

通信相手が真の通信相手であることを保証する

通信が暗号化されていても、通信相手が本物とは限りません。
フィッシングと呼ばれる犯罪は、あたかも銀行や有名サイトであるかのような偽装を行って、パスワードやクレジットカード情報のような重要な情報を搾取しようとします。
サーバ証明書が通信相手の身分を保証します。保証の範囲は、証明書のタイプによって異なります。

ドメイン認証(DV)証明書:「ドメインの実在・ドメイン権利者による証明書申請」を保証します。
組織認証(OV)証明書:「ドメイン認証範囲に加え、ドメイン権利者組織の実在」を保証します。
拡張認証(EV)証明書:「組織認証に加え、ドメイン権利者組織実在の確実性」を保証します。

なぜ、サーバ証明書の保証が信頼できるのでしょうか?
個人の身分を保証する証明書でも運転免許証は有効で会社が発行した社員証は信頼されないことがありますが、これは証明書の発行者への信頼度の違いによるものです。
SSLサーバ証明書は、認証局(CA)と呼ばれる組織が発行しています。そして、その認証局が発行したことを証明するroot証明書情報がすべてのSSLサーバ証明書に含まれています。
このように、個別のSSLサーバ証明書(公開鍵)とそのSSLサーバ証明書(公開鍵)の持ち主の対応関係を保証する仕組みをPKI(public key infrastructure)公開鍵基盤と呼びます。

SSLサーバ証明書はどこで利用されるのか

SSLサーバ証明書が一番よく使われているのはWebアクセスのHTTPSですが、そのほかにも、安全なFTPを行うFTPS、 安全なIMAPのためのIMAPS、 安全なPOP3のためのPOP3S、 安全なSMTPのためのSMTPSなどがあります。
それぞれのプロトコルの特性により、真正の通信相手であることの確認を不要にするなど、利用方法に違いがあります。
SSLサーバ証明書は、Webサイトにアクセスする場合のクライアント証明書としても利用できます。
このほか、SSL-VPNでもSSLサーバ証明書が利用されます。

SSLサーバ証明書とSSL/TLSサーバ証明書

「SSLサーバ証明書」と「SSL/TLS サーバ証明書」は同一です。SSLサーバ証明書はTLS(Transport Layer Security)という暗号化通信プロトコルを利用していますが、TLSプロトコルはSSL(Secure Socket Layer)プロトコルから発展してきた歴史があり、その流れを受けて今でも「SSLサーバ証明書」という呼び名が使われています。

1994年にSSL 2.0が公開され、翌1995年にセキュリティ上の問題を修正したSSL 3.0が公開されました。この時点でHTTPSの利用が可能になりました。
1999年にSSL3.0とほぼ同等のTLS 1.0がリリースされました。
その後、セキュリティ上の問題を修正したTLS 1.1、SHA256に対応したTLS 1.2がリリースされました。
2018年4月現在利用可能なのはこのTLS1.2です。

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース