DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertドキュメントサイニング証明書
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ドキュメントサイニング証明書
Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応

Adobe PDF、MS Office等で使えるDigiCertドキュメントサイニング証明書

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

DigiCertのドキュメントサイニング証明書は、Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応したデジタル文書の署名ツールです。使い慣れた文書作成アプリケーションを利用して、デジタル署名を簡単に行うことができます。
申請から証明書取得までの手続きをアールエムエスがサポートしますので、スムーズに証明書を取得することができます。

個人でも組織単位でも利用可能

ドキュメントサイニング証明書の利用目的に応じ、署名欄に個人名が表示されるタイプの証明書または組織情報(法人名/部署名・チーム名/担当者名)が表示されるタイプの証明書のどちらかを選択できます。
DigiCertは署名者が法的に有効な署名者であることを認証したうえで、ドキュメントサイニング証明書を発行します。各証明書には、各年ごとに署名できる文書数制限が設定されています。

価格とスペック

ドキュメントサイニング証明書の主な特徴

多くの国際法に準拠
文書の改ざんリスクを回避
署名は永遠に有効
USBトークンを利用した2要素認証
個人でも取得可能
カスタマイズ可能

SPEEDEXドキュメントサイニング証明書とは?

ドキュメントサイニング証明書で署名された文書は法的に有効

DigiCertドキュメントサイニング証明書は、米国の電子署名法(U.S. Federal ESIGN Act)をはじめ、多くの国際法に準拠しています。
日本国内では「電子署名及び認証業務に関する法律」で電子証明書の要件が定義されています。
DigiCertは2015年3月現在、同法で定める「認定認証事業者」ではありませんが、DigiCertのドキュメントサイニング証明書は、同法上の有効な電子署名要件を備えた署名が行える証明書です。
DigiCertのドキュメントサイニング証明書を導入することで、紙文書の場合に必要なFAXや郵送作業、ファイリングの手間がなくなるため、仕事が合理化でき、 安全性も確保できます。

改ざんリスクを回避

署名した文書は、第三者によって変更することができません。文書に署名されていることは、署名した時点から内容が変更されていないことの証明になります。
これにより電子書類の改ざんを完全に防ぐことができ、コンプライアンスの向上等にもつながります。

ドキュメントサイニング証明書での署名方法

ドキュメントサイニング証明書のUSBトークンをPCなどのマシンにセットし、Officeなどの普段利用しているアプリケーションを使って、プログラムの指示通りの手順に従えば、簡単に署名を行うことができます。
各アプリケーションの詳しい署名方法・署名の確認方法は、サポートページをご確認ください。

ドキュメントサイニング証明書とは
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース