DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertドキュメントサイニング証明書サポート
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. ドキュメントサイニング証明書
  3. サポート
  4. Word・Excel・PowerPointに不可視署名する方法
Adobe PDF、Microsoft Office、OpenOffice、LibreOffice文書に完全対応

MS Office(Office 2013/2010)に署名する方法:見えない署名(不可視署名)

DigiCertドキュメントサイニング証明書を使って、MS Word、Excel、PowerPointに不可視署名を行うことができます。
文書中には署名が表示されませんが、文書の最下部に表示されるアイコンで署名済み文書であることを確認できます。

見える署名(可視署名)を行う方法については、MS Office(Office 2013/2010)に署名する方法:見える署名(可視署名)を参照してください。

Word/Excel/PowerPointに見えない署名をする方法

Microsoft Office 2013の場合

スクリーンショットではWordを例に説明していますが、Excel、PowerPointの場合も、ほぼ同様の手順で署名できます。

  1. USBトークンをPCのUSBポートに挿入してください。
  2. 署名対象文書を開きます。
  3. ファイルタブをクリックします。
    Document Signing office 2013 not visible sign start
  4. 情報を選択し、以下の順で署名の追加をクリックします。
    Wordの場合
    文書の保護 > デジタル署名の追加とクリックします。
    Document Signing office 2013 not visible add digital cert
    Excelの場合
    ブックの保護 > デジタル署名の追加とクリックします。
    PowerPoint
    プレゼンテーションの保護 > デジタル署名の追加とクリックします。
  5. 新規に作成中の文書の場合、保存を要求する画面が表示されますのではいをクリックし文書に名前をつけて保存します。
    Document Signing office 2013 sign save
  6. 契約の種類このドキュメントに署名する目的詳細での情報の追加は必ずしも必要ではありませんが、ここで追加された情報は文書の署名情報に含まれますので、署名の目的に応じ入力してください。
    Document Signing office 2013 not visible sign window
    署名ウィンドウの署名者にDigiCertの証明書情報が表示されていない場合は、変更をクリックしWindowsセキュリティで正しい証明書を選択してください。
    Document Signing office 2013 sign select DigiCert
    詳細をクリックして表示される追加の署名情報ウィンドウでは、以下のような情報を追加できます。
    Document Signing office 2013 not visible sign detail info
  7. 入力が終ったら署名をクリックし、トークンログオントークンパスワードを入力します。
    Document Signing office 2013 sign select token
  8. 署名の確認ウィンドウでOKをクリックします。
    Document Signing office 2013 sign finished
    設定によっては署名の確認ウィンドウは表示されません。
  9. 署名された文書アイコンと、文書の保護アイコンが表示されます。
    「文書の保護」とは、この文書が編集されると、署名が取り除かれ、署名が無効になることを意味します。
    Document Signing office 2013 not visible sign done

Microsoft Office2010

Wordを例に説明していますが、Excel、PowerPointの場合でも、ほぼ同様の手順で署名できます。

  1. USBトークンをPCのUSBポートに挿入してください。
  2. 署名対象文書を開きます。
  3. ファイルをクリックします。
    Document Signing office 2010 not visible start
  4. ファイルタブのメニューから情報をクリックし、文書の保護 > デジタル署名の追加とクリックします。
    Document Signing office 2010 not visible add sign
    新規に作成中の文書の場合、保存を要求する画面が表示されますのではいをクリックし、文書に名前をつけて保存します。
  5. このドキュメントに署名する目的での情報の追加は必須ではありませんが、ここで追加された情報は文書の署名情報に含まれますので、署名の目的に応じ入力してください。
    Document Signing office 2010 not visible sign window
    署名者にDigiCert証明書情報が表示されていない場合は、変更をクリックし、Windows セキュリティで正しい証明書を選択してください。
  6. 署名ウィンドウで署名をクリックし、トークンログオンでトークンパスワードを入力します。
    Document Signing office 2010 not visible token passwd
  7. 署名の確認ウィンドウでOKをクリックします。
    Document Signing office 2010 not visible confirm
    設定によっては署名の確認ウィンドウは表示されません。
  8. 署名された文書アイコン・アクセス許可アイコンが表示されます。
    「アクセス許可」とは、この文書が編集されると、署名が取り除かれ、署名が無効になることを意味します。
    Document Signing office 2010 not visible signed info

署名を確認する方法

以下の方法で、受領した文書の署名を確認できます。
欄外の文書アイコンデザイン以外はMicrosoft Office 2013Microsoft Office 2010 共通です。

  1. 欄外のアイコンにカーソルを合わせると、「このドキュメントには署名が含まれています。」と表示されます。文書アイコンをクリックします。
    Document Signing office 2013 not visible signature confirmation image Microsoft Office 2013
    Document Signing office 2010 not visible check sign Microsoft Office 2010
  2. 画面右に署名が表示されます。有効な署名のドロップダウンで署名の詳細をクリックします。
    Document Signing office 2013 not visible show sign
  3. 署名の詳細ウィンドウが表示され、署名の有効性が確認できます。
    署名者の詳細を参照をクリックすると署名者が登録した内容を確認できます。表示をクリックすると証明書の内容を確認できます。
    Document Signing office 2013 not visible show signature
  4. 表示をクリックした場合、証明書ウィンドウで証明書の主要項目が確認できます。
    署名者の法人名を調べるには詳細タブをクリックします。
    Document Signing office 2013 not visible show cert
  5. サブジェクトを選択すると、法人名・所在地が確認できます。
    Document Signing office 2013 not visible show cert detail
ドキュメントサイニング証明書とは
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース