DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. NetScreen

NetScreen ScreenOS 4.0 and 5.0でのCSR

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、販売元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

NetScreen ScreenOS 4.0/5.0でのCSR作成方法

  1. WebUIアプリケーションに接続します。
  2. 「Options」メニューから「Configuration」を選択し、「Date/Time」をクリックします。
  3. 「Sync Clock with Client」をクリックします。
  4. 「Automatically adjust clock for daylight savings changes」が設定されていることを確認し、「Yes」をクリックします。
  5. 「Options」メニューから「Network and select DNS」に進みます。
  6. 「Host Name」入力欄に、内部デバイスホスト名を入力します。
  7. 「Domain Name」入力欄に、デバイスアクセスに使用されるホスト名(FQDN)を入力し、「Apply」をクリックします。
  8. クロックのセット、「Host Name」「Domain Name」の設定ができたら、CSRを作成できます。
    「Options」メニューから「Objects」を選択し、「Certificates」をクリックします。
  9. 「New」ボタンをクリックし、「Certificate Subject Information」入力欄に必要な情報を入力します。「FQDN」欄には、「Domain Name」入力欄で使用したホスト名(FQDN)を入力します。
  10. 「Generate」ボタンをクリックします。
  11. CSRをテキストファイルとして保存します。
  12. 保存したCSRのBEGINタグとENDタグを含む全ての内容をコピーし、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース