DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法

CSR(証明書サイン要求)

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

CSR の作成方法

SSL証明書をお申込みいただくために、まずは証明書を利用するサーバー上で CSR(証明書サイン要求)を作成する必要があります。
CSRは暗号化されたテキストです。
CSRには、特定の法人名やドメイン名をコード化した情報が含まれます。この情報は、DN(Distinguished Name:識別されたネーム)として知られています。
多くのサーバーの DN は以下の項目です。

国名:
アメリカは 'US' 、日本は 'JP' など、二文字のコードで表示することに留意してください。
州(郡):
'Tokyo' 、 'Osaka' のように都道府県名をローマ字で表記してください。
地域(都市):
‘Yokohama' 、 'Chiyoda' のように、都市名をローマ字で表記ください。
組織名:
各地域で法律上登録された法人の正式名称(または個人名)です。
組織内の部署名:
[経理部門]、[マーケティング部門]など、証明書を要求する法人内の部署名です。
コモンネーム:
SSL 証明を要求する権限あるドメインネーム(FQDN)そのもの、あるいはホスト名を指します。
WildCard Plus(ワイルドカード SSL サーバ証明書)のためのCSRを作成する際は、コモンネームは「*.」から始める必要があります(例:*.rms-digicert.ne.jp)。
Wildcard の文字(*)は、文字のうちにドット(.)が含まれなければどのようなホスト名に対しても有効です(例:*.rms-digicert.ne.jp の場合:www.rms-digicert.ne.jp、support.rms-digicert.ne.jp、sales.rms-digicert.ne.jp 等では有効ですが、www.support.rms-digicert.ne.jp では無効となります)。

CSR作成の具体的方法は、Web サーバーのアプリケーションによって異なります。
アプリケーションごとの CSR 作成方法は、以下の各ページをご参照ください。

代表的アプリケーションでの CSR 作成方法
openssl で、ユニファイド コミュニケーション証明書用の CSR を作成

CSRが作成できたら、オーダーフォームの「サーバー証明書を最初に利用するサーバーの種類」から該当するサーバーの種類を選択してください。
作成したCSR は、CSR 記入欄へ単純にコピーアンドペーストしてください。
プラットフォーム/OS 欄も記載ください。

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース