DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Amazon Web Service (AWS) のSSLサーバ証明書インストール方法

Amazon Web Service (AWS) の 証明書インストール方法

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているインストールの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。
Amazon Web Service (AWS) で使うSSLサーバ証明書を取得済みでない場合は、Amazon Web Service (AWS) の CSR方法を参照し、証明書を取得してください。

Amazon Web Service (AWS) SSLサーバ証明書インストールに必要なファイル

Amazon Web Service (AWS) にSSLサーバ証明書インストールためには以下の3ファイルが必要になります。ともにファイル書式はBase64エンコードの .pem 書式です。

  • サーバ証明書ファイル
    メール添付でお送りする .zipファイルに含まれている{common_name}.crtです({common_name}は例です)。テキストエディタで開くことができます。
    -----BEGIN CERTIFICATE-----で始まり、-----END CERTIFICATE-----で終わっているファイルです。
  • 中間証明書ファイル
    メール添付でお送りする .zipファイルに含まれているDigiCertCA.crtです。テキストエディタで開くことができます。
    -----BEGIN CERTIFICATE-----で始まり、-----END CERTIFICATE-----で終わっているファイルです。
  • 秘密鍵ファイル
    CSRを作成したコンピュータに保存されている{common_name}.keyです({common_name}は例です)。テキストエディタで開くことができます。
    -----BEGIN PRIVATE KEY-----で始まり、-----END PRIVATE KEY-----で終わっているファイルです。

Amazon Web Service (AWS) へのSSLサーバ証明書のインストール

上記3ファイルをIAMにアップロードし、Amazon Web Service (AWS) へSSLサーバ証明書をインストールします。
IAMへの証明書のアップロードが完了したら、他に使用しているAWSサービスに対してもその証明書を使用できます。
アップロードコマンドは、

aws iam upload-server-certificate --server-certificate-name {common_name} --certificate-body file://{common_name}.crt --private-key file://{common_name}.key --certificate-chain file://DigiCertCA.crt

のような書式となります。({common_name}は例です。)

awsコマンド利用環境の構築方法は、コマンドラインツールのインストール(外部サイト)を参照してください。

詳細情報(外部サイト)

サーバー証明書の利用とIAM (AWS Identity and Access Management) 利用の詳細は以下の awsdocumentationを参照してください。

  1. サーバー証明書の管理
  2. サーバー証明書のアクション
  3. サーバー証明書の作成、アップロード、削除
  4. サーバー証明書の名称変更
SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース