DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. リモートデスクトップ

Windows サーバーでのリモートデスクトップ用のサーバー証明書のインストール方法

この手順は、Windows 2008サーバーで WildCard Plusを利用する場合を例として説明しています。(例:*.data-shelter.net)

Windowsゲートウェイマネージャーを利用して設定を行いますので、インストールされているかをご確認ください。
また、証明書を利用したいサーバーはゲートウェイマネージャー上でゲートウェイサーバーとして指定されている必要があります。

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

このページでは、リモートデスクトップでSSL証明書を利用するための設定≪証明書のインポート・確認≫を解説しています。
.pfx 証明書のエクスポートまでの手順については、CSRの作成・証明書オーダー・ .pfx 証明書のエクスポートをご覧ください。

ステップ 2 : リモートデスクトップ でのサーバー証明書のインストール方法

ステップ 2 : 1.
.pfx 証明書のインポート

  1. 別のコンピュータで .pfx 証明書をエクスポートした場合は、証明書をインポートするサーバに.pfx 証明書を保存してください。
  2. 「スタート」ボタンをクリックし、検索ボックスに「certmgr.msc」と入力して Enter キーを押します。「certmgr」が表示されます。

  3. 左メニューで「個人」->「証明書」の順にクリックします。

  4. 「証明書」フォルダを右クリックし、「すべてのタスク」->「インポート」の順にクリックします。

  5. 証明書のインポートウィザードで、「次へ」をクリックします。

  6. 絶対パスでファイル名を入力するか、「参照」をクリックして場所を指定し、.pfx 証明書のファイル名を入力します。

  7. 「参照」の場合、ファイルタイプで「Personal Information Exchange (*.pfx;*.p12)」を選択してインポートする証明書を表示させます。

    ※ご注意ください:証明書のインポート ウィザードの使用時に [参照] をクリックして証明書を検索すると、既定の設定では、X.509証明書しか表示されません。別の種類の証明書をインポートする場合は、ファイルタイププルダウンを展開しインポートする証明書タイプを選択します。
  8. .pfx 証明書のファイル名が指定できたら、「次へ」 をクリックします。

  9. .pfx 証明書をエクスポート時に指定したパスワードを入力し、「次へ」 をクリックします。

  10. 証明書のストアを指定します。デフォルトは「個人」です。「次へ」 をクリックします。

  11. 指定内容を確認し「完了」 をクリックします。

  12. 「OK」 をクリックします。


ステップ 2 : 2.
[RemoteApp マネジャー]で、インポートした証明書をデジタル署名証明書として設定

デジタル署名証明書=アプリケーションを署名するコード署名証明書
  1. [RemoteApp マネージャー]を開きます。
    [スタート] -> [管理ツール] -> [リモートデスクトップサービス] -> [RemoteApp マネージャー]

    [RemoteApp マネージャー]を開く

  2. 右側の操作ウィンドウで[デジタル署名の設定]をクリックします。

    [デジタル署名の設定]をクリック

  3. 以下の [RemoteAppの展開設定] ダイアログが開いたら、[デジタル署名] タブから [デジタル証明書を使用して署名する] を選択し、[変更]ボタンをクリックします。

    [RemoteAppの展開設定] ダイアログで[デジタル証明書を使用して署名する]を選択、[変更]ボタンをクリック

  4. [Windows セキュリティ 証明書の選択]リストから証明書を選択し、[OK]をクリックします。

    [Windows セキュリティ 証明書の選択]リストからDigiCertの証明書を選択し、[OK]をクリック

  5. 選択した証明書の情報が[RemoteAppの展開設定]ダイアログ・ブックス上に反映したことを確認してから、[OK]をクリックして完了です。

    DigiCert 証明書の情報が[RemoteAppの展開設定]反映されたことを確認し、[OK]をクリック


ステップ 2 : 3.
[リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]に証明書をインポート

この項での説明は、リモートデスクトップゲートウェイがインストール済みで、インストール時に証明書の設定が行われていなかった前提で説明しています。
リモートデスクトップゲートウェイ役割サービスのインストール過程で以下のウィンドウが表示されます。3個のオプションが選択可能で、インストール前に .pfx がインポートされている場合は、以下画面のようにインポートされている証明書が表示されます。

[リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]インストール

  1. [リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]を開きます。
    [スタート]  -> [管理ツール]  -> [リモートデスクトップサービス] ->[リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]

    [リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]を開く

  2. [RDゲートウェイ マネージャー]から証明書をインポートする対象サーバーを選択し、[プロパティ] を開きます。

    [リモートデスクトップゲートウェイマネージャー]で[プロパティ] を開く

  3. [SSL証明書] のタブで [個人ストアから既存署名書を選択する] を選択し、[証明書のインポート] ボタンをクリックします。

     [個人ストアから既存署名書を選択する] を選択し、[証明書のインポート] ボタンをクリック

  4. .pfx 証明書を選択し、[インポート]ボタンをクリックします。

    .pfx 証明書を選択し、[インポート]をクリック

  5. 表示された[サーバープロパティ]画面で[OK]ボタンをクリックして完了です。

     [サーバープロパティ]画面に戻り、[OK]ボタンをクリック


ステップ 2 : 4.
[リモートセッションホストサーバー]で、.pfx 証明書をRDP証明書として指定

RDP証明書=接続を暗号化するSSLサーバ証明書
  1. [リモートセッションホストの構成]を開きます。
    [スタート] -> [管理ツール] -> [リモートデスクトップサービス] -> [リモートセッションホストの構成]

    [リモートセッションホストの構成]を開く

  2. 中央の[リモートデスクトップセッションホストサーバーの構成] ウィンドウにリストされた接続名 [RDP-Tcp] を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [RDP-Tcp] を右クリックし、[プロパティ]をクリック

  3. [RDP-Tcpのプロパティ]から、[全般] タブの証明書の [選択] ボタンをクリックします。

    [全般] タブの証明書の [選択] ボタンをクリック

  4. [Windows セキュリティ 証明書の選択]リストから証明書を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

    [Windows セキュリティ 証明書の選択]リストから証明書を選択し、[OK]ボタンをクリック

  5. [RDP-Tcpのプロパティ]の[証明書]の右に選択された証明書が表示されたのを確認し、[セキュリティ層] を「ネゴシエート」に、[暗号化のレベル]を「高」にして、「OK」ボタンをクリックします。

    [セキュリティ層] を「ネゴシエート」に、[暗号化のレベル]を「高」にして[OK]ボタンをクリック

    「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」にチェックが入っている場合は、ネットワークレベル認証をサポートしていない端末からリモートデスクトップへのアクセスができません。利用状況により、チェックする/しないを決定してください。
    ご利用の端末がネットワークレベル認証をサポートしているかどうかについては、リモートデスクトップ接続のバージョン情報をご確認ください。

「リモート デスクトップ接続」からインポートされたサーバ証明書の確認

この手順は .pfx証明書がリモート コンピュータに正しくインポートされていることを確認するための作業です。省略可能です。

「リモート デスクトップ接続」クライアントの設定を、エラーメッセージが表示されるように変更します。

スタートメニューから[リモート デスクトップ接続] を起動 -> [オプション] -> [詳細設定]
[実際の検証がポリシーの最低要件を満たしていない場合] 欄で、[警告メッセージ表示する] を選択

「リモートデスクトップクライアント」の設定を、エラーメッセージが表示されるように変更


  1. エラーテスト(IP アドレスを使用して接続し、証明書がエラーを出すことを確認します。)
  1. コンピュータ欄に証明書を追加したサーバーのIPアドレスを入力し、「接続」をクリックします。

接続先のコンピュータをIP アドレスにして、「接続」をクリック

  1. 「このリモート接続を信頼しますか?」のウィンドウで、「接続」をクリックし、[Windowsセキュリティ] ウィンドウでログイン情報を入力してください。

「このリモート接続を信頼しますか?」のウィンドウで、「接続」をクリック

  1. IP アドレスと証明書の名前(Common Name(*.ドメイン名))が一致しないため、「このリモートコンピュータのIDを識別できません。接続しますか?」という証明書のエラーが出ます。

    証明書のエラー


    [証明書の表示]ボタンで、インポートした証明書の情報を確認できます。
    証明書の情報
    証明書の情報が正しいことを確認したら、「OK」をクリックし、「このリモートコンピュータのIDを識別できません。接続しますか?」の画面に戻ったら「いいえ」をクリックしてください。
    これでエラーテストは終了です。

  1. 正しい接続テスト(FQDNを使用して接続し、証明書がエラーを出さないことを確認します。)
  1. コンピュータ欄にDigiCert証明書を設定したコンピューター名(サーバー名.ドメイン名(FQDN))を 入力し、「接続」をクリックします。

接続先のコンピュータ欄に [サーバー名.ドメイン名(FQDN)] 入力して、「接続」をクリック

  1. 「このリモート接続を信頼しますか?」のウィンドウで、「接続」をクリックしてください。

「このリモート接続を信頼しますか?」のウィンドウで、「接続」をクリック

  1. FQDNと証明書の名前が一致したため、エラーなく接続し、ログインすることができます。

ログイン完了

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース