DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Java Server

Java Based Web ServerでのCSR作成方法

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Java 用の csr は keytool コマンドで作成します。以下では「ウイザードでコマンドを作成する」方法と、「ステップバイステップでコマンドを実行する」方法の両方を紹介しています。

以下の手順に従って新しいキーストアを作成する必要があります。古いキーストアがある場合、思わぬ混乱を招くことがあります。 古いキーストアは必要であればバックアップを作成し、サーバーから削除してください。

ウイザードでコマンドを作る

ウイザードに必要事項を入力すれば、専用のコマンドを作ることができます。
作成されたコマンドの利用方法は、ウイザードページを参照ください。

Preview of Keytool CSR Wizard

ステップバイステップでkeytoolコマンドを使用

ステップ A -- 新キーストアの作成

  1. 新しいキーファイルとCSRのペアを作成するためにkeytoolコマンドを使用します。以下のコマンドを入力してください。
    keytool -genkey -alias server -keyalg RSA -keystore yourdomain.jks
    
    'yourdomain'の部分には証明書を利用したいドメインの名前を入れてください。
    「*」はファイル名として有効な文字ではないため、ワイルドカードをオーダーしたい場合でも入力しないでください。
    '-alias server'の部分で'server'と記載しているものはkeystoreのalias 名ですので任意の名前を指定できます。
  2. ドメイン情報の入力要求があります。
    「first and last name」が求めているのは個人名ではありません、証明書のホスト名・コモンネーム(例:www.yourdomain.com)です。ワイルドカード証明書をオーダーする場合は、「*」で始まるホスト名をご入力ください(例: *.digicert.ne.jp)
  3. 入力が終わったら情報が正しいことを確認し、「y」または「yes」を入力します。
    次にパスワードの入力を要求されますので入力してください。このパスワードはキーストアの利用時に必要になりますので必ず覚えておいてください。

ステップ B -- 新キーストアでCSRの作成

  1. 以下のコードを入力してください。
    keytool -certreq -alias server -keyalg RSA -file yourdomain.csr -keystore yourdomain.jks
    
    alias 名、keystore 名は、keytool -genkey で指定したものを使ってください。file 名は任意の名前を指定できます。
  2. 先ほど作成したキーストアのパスワードを入力します。
  3. CSRファイルが作成されます。テキストエディターでCSRファイルを開き、BEGINタグとENDタグを含む全ての内容をコピーして、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

関連情報

Java Based Web Serverでのインストール

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース