DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
  1. ホーム
  2. サポート
  3. CSR作成方法
  4. Sun Java Web Server 7.0

Oracle iPlanet Web Server (Sun Java Web Server 7.0) でのCSR

本ページに記載されているCSRの作成方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Oracle iPlanet Web Server (Sun Java Web Server 7.0) でのCSR作成方法

Sunの"Request Server Certificate Wizard"を使用してのCSR作成

  1. CertificatesタブのServer Certificatesに進みます。
  2. サーバーconfigurationトークン用のパスワードを設定します。

    sun 1

  3. "Request Server Certificate Wizard"を起動して"Select Configuration"でconfigurationトークンを選択し、前のステップで指定したパスワードを入力します。
  4. 証明書を発行するドメインの識別情報を入力します。

    Server Name(CN):証明書を利用するホスト名(FQDN)を入力します。(例: www.domain.com, mail.domain.com, or *.domain.com)

    Alternate Server Names:UCサーバ証明書、EVマルチドメイン証明書のCSRを作成する場合は、SANsに記載する追加のホスト名を入力します。それ以外の場合は空白にしておきます。

    Organization(O):組織や企業の正式名称を英文で入力します。

    Organizational Unit(OU):部署名を入力します。空白でも構いません。

    Locality(L):法人の登記簿謄本に記載された市町村名を入力します。

    State(ST):法人の登記簿謄本に記載された都道府県名を各々ローマ字で入力します。

    Country(C):法人が登記されている国の国名コードを入力します。日本の場合は JP です。

    sun 2

  5. CSR作成ウイザードを継続し、"CA Signed Certificate"を指定してください。この指定は必ず行ってください。
  6. 「Next」->「Finish」とクリックします。
  7. コード化されたテキスト形式でCSRが作成されます。
    作成されたCSRのすべての内容をコピーして、オーダーフォームのCSR入力欄に貼り付けてください。

Keytoolを使用してのCSR作成

Javaをベースとするほとんどのシステムと同じように、"keytool"コマンドを使用してjksキーストアからCSRを作成することができます。
keytoolを使用する場合は、証明書をインストールする際にコマンドラインを使用する必要があります。

keytoolを使用してCSRを作成するには、Java keytool で CSR を作成するウイザードの案内に従ってください。

Preview of Keytool CSR Wizard

Keytoolを使用してCSRを作成した場合は、オーダー時のサーバーの種類の選択時にJava Tomcatを必ず選択してください。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース