DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. Exchange 2013

Exchange 2013 証明書のインストール

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

Exchange 2013上で利用する証明書を更新する場合には、以下のページをご覧ください。
Microsoft Exchange 2013証明書の更新方法>>
本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Exchange 管理センターを使ってインストールする

以下の手順に従ってください。

  1. サーバーに、お送りした証明書ファイルをコピーします。
    オーダー時に届出いただいたメールアドレスに、サーバー証明書と中間証明書が組み込まれた PKCS7 書式のファイル your_domain_name.cer とサイトシールスクリプトをお送りします。
  2. ブラウザで https://localhost/ecp にアクセスし、Exchange 管理センターを開きます。
    証明書のエラーは無視してください。
  3. ユーザー名(Administrator あるいは <ドメイン名>\Administrator)とパスワードを入力し、ログインします。

    ログイン

  4. 左側のメニューから [サーバー] をクリックし、上部メニューの [証明書] をクリックします。
    中央の証明書リストで状態が [保留中の要求] となっているものの名前を確認し、間違いがなければ選択します。
    右メニューに詳細情報が表示されますので、[完了]をクリックします。

  5. 保存した証明書ファイルを【\\サーバー名\フォルダー名】書式で指定し、[OK] をクリックします。

  6. 状態が [有効] に変わります。これで証明書のインストールが完了しました。
    右メニューの詳細情報で [サービスに割り当て済み] に表示されているサービス以外のサービスでこの証明書を使う場合は、証明書をサービスに割り当てます。

証明書のサービスへの割り当て

  1. 対象が選択された状態で、鉛筆のアイコン(編集)をクリックします。

  2. 証明書情報編集ウイザードが開きますので、左側メニュから [サービス] をクリックします。

  3. 証明書を割り当てるサービスのチェックボックスにチェックを入れ、[保存] をクリックします。

  4. 再び、Exchange 管理センターを開けば、[サービスに割り当て済み] で追加結果が確認できます。

  5. 以上で、Exchange サーバー証明書のインポートと割り当てが完了しました。

Exchange Management Shellを使ってインストールする

Exchange Powershell でインストールする場合はオーダー時に your_domain_name.p7b ファイルを送るようお知らせください。

お送りした your_domain_name.p7b ファイルを Exchange server C:\ にコピーし、以下のコマンドを実行してください。

Import-ExchangeCertificate -FileData ([Byte[]]$(Get-Content -Path c:\your_domain_name.p7b -Encoding byte -ReadCount 0)) | Enable-ExchangeCertificate -Services "IIS,POP,IMAP,SMTP"

上記の [Enable-ExchangeCertificate] の部分で特定されたサービスだけが、証明書を使えるようになります。

キャッシュ・サーバー ISA Server 等へのエクスポート

証明書をエクスポートする際は、証明書チェーンの全ての証明書を含めてください。
全ての証明書を含めてエクスポートをしなかった場合、証明書は適切に作動しません。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース