DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
トピックス
DigiCert サーバー証明書利用団体
  1. ホーム
  2. トピックス&ニュース
  3. 2015年4月のトピックス

DigiCertのデジタル証明書はFATCA実施に対応するIRS認定の証明書です

2013年6月21日に公表された「米国のFATCA(Foreign Account Tax Compliance Act 外国口座税務コンプライアンス法)実施円滑化等のための日米当局の相互協力・理解に関する声明」により、銀行等の預金機関・証券会社等・顧客資産を預かる保管機関・他人のために金融資産の運用管理等を行う投資事業体・一定の保険会社は、米国外に居住する米国人の金融口座の情報をIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)へ報告することが義務付けられています。

memoFATCA

FATCA(ファトカ:Foreign Account Tax Compliance Act/外国口座税務コンプライアンス法)は、米国人の外国金融機関を利用した租税回避行為を防止するため、米国外金融機関に顧客口座の報告義務を課す米国の税制で、日本の金融機関等の実務にも大きく関連する制度です。
米国以外の外国金融機関(Foreign Financial Institution、FFI)に該当する、又はスポンサー事業体に該当する第二種金融商品取引業者は、米国人との取引や、国内でのみ営業を行っているかどうかにかかわらず、内国歳入庁(IRS)への登録が求められ、また、取引のある米国人の情報をIRSへ報告することが義務付けられます。

IRSへの報告は、原則的にIDES(International Data Exchange Service:国際的なデータ交換サービス)というアプリケーションを利用した電子報告を行います。
IDESでの電子報告に際して、各金融機関はIRSが承認した認証局が発行した有効なデジタル証明書(SSLサーバ証明書)を取得する必要があります。

IRSへ提出する電子データの作成後、デジタル証明書の公開鍵と関連付けられた秘密鍵によって電子データを暗号化します。
また、送信時にはIDESによって送信経路の暗号化が行われます。
ファイルの暗号化と通信の暗号化という2段階の暗号化によって、機密性の高い税務情報の保護が図られています。

DigiCertはIRSが承認した認証局です。IDESユーザーガイドに記載のある「Standard SSL(SSL Plus)」と「EV SSL Plus」はこの届出での利用に対応しています。
デジタル証明書の取得に関しては、弊社にてサポートします。
デジタル証明書の取得以外の、IRSへのデータ提出に関する各種手続きについては、以下の「International Data Exchange Services(IDES)ユーザーガイド」をご参照ください。

DigiCertデジタル証明書取得のポイント

DigiCert SSL証明書を取得時する際には、「CSR(証明書要求)ファイル」を作成していただく必要があります。
CSR作成時に指定するコモンネームは、自社が所有するドメイン名を含めたFQDNを指定してください。
また、通常はSSL証明書を設置するサーバーでCSRを作成しますが、CSR作成を行えるサーバー環境がない場合は、PC端末でその作業を行うことも可能です。
PCでCSRを作成する方法については、以下のリンク先をご覧ください。

一般的なCSR作成方法は以下のリンク先をご確認ください。

CSR作成についてのご相談を承ります。
以下のメールアドレス宛にお気軽にご連絡ください。

CSR作成についてのご相談:info@rms-digicert.ne.jp

証明書の取得手続きはお任せください!

オーダーから3日程度で利用を開始できます。手続きはお任せください!

DigiCertの日本正規代理店である株式会社アールエムエスが、申請からサーバー証明書取得までの手続きを代行しますので安心してお任せください。
全ての手順が最短で行われた場合、オーダーから3日程度で利用を開始できます(EV製品を除く)。
証明書の費用、取得前の準備に関しては以下の各リンク先をご確認ください。

本件に関しご不明な点がございましたら、以下の連絡先へお問合せください。

本件に関するお問合せ:info@rms-digicert.ne.jp
SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
HTTPS入門
digicert.comトピックス&ニュース