DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
DigiCertコードサイニング証明書
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. コードサイニング証明書
  3. Microsoft Office VBAマクロ
取扱サービス詳細 プライスリスト オーダー方法 オーダーフォーム

Microsoft Office VBAマクロとコードサイニング証明書

Microsoft Office VBAマクロは開発が比較的簡単なため、第三者によって改ざんされる可能性があります。
第三者から改ざんを受けてしまった場合、思わぬトラブルが発生したり、深刻なセキュリティの問題を引き起こすことがあります。
Microsoft Word・Microsoft Excel・Microsoft PowerPoint・Microsoft OutlookのVBAマクロは、実行時にウイルスチェックが行われるようになっていますが、ユーザーにはそのファイルを誰が作成したのか、作成後変更されていないのか知るすべがありません。
マクロウィルスが存在する以上、開発者はMicrosoft Office VBAマクロ (VBA コード) の安全性を示すために、そのマクロが自身が開発したものであること・第三者によって改ざんされていないことをユーザーと管理者に証明する必要があります。
そのために利用できるのが、Digicertコードサイニング証明書です。

Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、Microsoft OutlookのVBAマクロにDigicertコードサイニング証明書で署名すれば、改ざんを防止し、開発者が誰であるかを証明することができます。
Digicertはほとんどの環境で「信頼されたルート証明機関」に登録されていますので、組織内での利用はもちろん、商用利用にも最適です。

Officeセキュリティセンターの「マクロ設定」では以下4種類のセキュリティレベルを選択できますが、Digicertコードサイニング証明書で署名されたマクロはどのセキュリティレベルが選択されている場合でも警告が出ることはありません。

  • [警告を表示せずにすべてのマクロを無効にする]
  • [警告を表示してすべてのマクロを無効にする] (デフォルト設定)
  • [デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする]
  • [すべてのマクロを有効にする (推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)]
Microsoft Office VBAマクロに署名するためには、「EVコードサイニング証明書」または「EVコードサイニング証明書プレミアム」を取得してください。
「EVコードサイニング証明書プレミアム」の場合、オーダー時に、プラットフォームとして「Office VBAマクロ」を指定してください。

Office VBAマクロの署名方法

Office VBAマクロには以下の方法で署名できます。

digicertコードサイニングをオーダーする
コードサイニング証明書とは
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース