DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. オーダー手順
  3. 更新について

証明書の更新について

memoDigiCert の SSLサーバ証明書は、有効期限の60日前より更新手続きが可能となります。
有効期限の約60日前までに、以下のようなタイトルのメールをお送りします。
【重要】DigiCertサーバー証明書 更新のご案内
届いたメールの記載内容をご確認の上、手続きをお願いします。
  1. メール本文に記載されている、現在利用中の証明書の有効期限をご確認ください。
  2. 「CSR内情報」として記載されているCommon Name、Organization情報等をご確認ください。
  3. 更新単位をお知らせください。(1年間有効、2年間有効、3年間有効)
    更新年数によって費用が異なります。価格についてはプライスリストをご確認ください。
  4. 更新申請用CSRをご用意ください。
    メールでお知らせしたCSR内情報をご確認の上、更新用CSRをご用意ください。更新と合わせてCSR内の情報を変更される場合は、作成方法をご案内しますのでご一報ください。
    証明書の再発行をされている場合、再発行分の証明書も更新する必要がございますので、各サーバーでCSRをご準備ください。
事前にお見積り・ご請求書の発行をご希望される場合は、更新単位と、書類の書式(PDF/郵送)等のご希望を明記し、info@rms-digicert.ne.jp までご連絡ください。
SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース