DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. サポート
  3. インストール方法
  4. Windows Azure Cloud

Windows Azure Cloudでの証明書のインストール

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

本ページに記載されているインストール方法は、基本的な構成を元にしています。
システム環境等の設定状況により、手順や画面表示が異なることがあります。
アプリケーションやツールなどの仕様や設定手順等でご不明な点がある場合は、それらのマニュアルをご確認いただくか、開発元にご連絡ください。
※この手順によって生じた影響や結果について、弊社では一切の責任は負いかねます。

Windows Azure CloudサービスでのSSL証明書利用の考え方についてはWindows Azure クラウドサービスでのSSL証明書入門を参照してください。

Windows Azure Cloud サービスでのSSL証明書のインストールには、「.pfx 書式の証明書」と「証明書の fingerprint (拇印) 」が必要です。
以下のページを参照し、準備しておいてください。

Windows Azure Cloud サービス設定ファイルを準備する

Windows Azure Cloudサービスでhttps接続を行うためには、Windows Azure Cloud サービス設定ファイル「サービス定義ファイル (CSDEF)」と「サービス構成ファイル (CSCFG)」でのいくつかの指定が必要になります。

「サービス定義ファイル (CSDEF)」への追加事項

  1. WebRole セクションのサブセクション Certificates を追加
    Certificate name (証明書の名前)、Certificate storeLocation (証明書の場所)、Certificate storeName (証明書のストア名) を指定します。
    Certificate nameには任意の名前が指定できます。
    Certificate storeLocationは一般には LocalMachine です。
    Certificate storeNameはCAが一般ですが、「My, Root, Trust, Disallowed, TrustedPeople, TrustedPublisher, AuthRoot, AddressBook」なども指定できます。
    <WebRole name="CertificateNew" vmsize="Small">
    ...
    <Certificates>
    <Certificate name="SampleCertificate" 
    storeLocation="LocalMachine" 
    storeName="CA">
    </Certificates>
    ...
    </WebRole>
  2. WebRole セクションのサブセクション Endpoints を追加
    InputEndpoint nameにHttpsInを、InputEndpoint protocolにhttpsを、InputEndpoint portに443を、InputEndpoint certificateにCertificate nameとして指定してある証明書の名前をそれぞれ指定します。
    <WebRole name="CertificateNew" vmsize="Small">
    ...
    <Endpoints>
    <InputEndpoint name="HttpsIn" protocol="https" port="443" 
    certificate="SampleCertificate">
    </Endpoints>
    ...
    </WebRole>
  3. Sitesセクションのサブセクション Bindings を追加
    Binding nameにHttpsIn、Binding endpointNameにHttpsInを指定します。
    <WebRole name="CertificateTesting" vmsize="Small">
    ...
    <Sites>
    <Site name="Web">
    <Bindings>
    <Binding name="HttpsIn" endpointName="HttpsIn">
    </Bindings>
    </Site>
    </Sites>
    ...
    </WebRole>

「サービス構成ファイル (CSCFG)」への追加事項

  1. Role セクションのサブセクション Certificates を追加
    Certificate nameに、「サービス定義ファイル (CSDEF)」でCertificate nameとして指定してある証明書の名前を、Certificate thumbprint に サーバ証明書のfingerprint (拇印)を 、Certificate thumbprintAlgorithmに fingerprint (拇印) のアルゴリズムをそれぞれ指定します。
    <Role name="Deployment">
    ...
    <Certificates>
    <Certificate name="SampleCertificate" 
    thumbprint="9427befa18ec6865a9ebdc79d4c38de50e6316ff" 
    thumbprintAlgorithm="sha1">
    </Certificates>
    ...
    </Role>

展開パッケージ作成

cspackを使用している場合は、/generateConfigurationFileフラグは使用しないでください。このフラグがあると、上の手順で指定した設定が反映されません。

クラウドサービス設定と証明書のアップロード

  1. ブラウザで「Microsoft Azure Management Portal」にログインします。
  2. 「クラウドサービス」を選択し「新規」をクリックします。

  3. 「コンピューティング」「クラウドサービス」で「カスタム作成」をクリックします。

  4. 「クラウドサービス」の「URL」を指定し(ここでは、cloudapp.netのサブホストを指定します)、「地域またはアフィニティグループ」を選択したら、「クラウド サービス パッケージをデプロイします。」にチェックを入れ、画面右下の右向き矢印をクリックします。

  5. 「クラウド サービスの発行」ウィンドウで「デプロイ名」に任意の名称を登録します。
    「パッケージ」は「ローカルから」あるいは「ストレージから」参照し、パッケージを指定します。
    同様に「構成」では「ローカルから」あるいは「ストレージから」参照し、上記で作成した .cscfgファイルを指定します。
    「環境」では「運用」を選択し、「デプロイの開始」、「証明書の追加」にチェックを入れます。
    「1つ以上のロールに単一のインスタンスが含まれている場合でもデプロイします。」は必要に応じチェックを入れてください。
    すべての指定が終わったら、画面右下の右向き矢印をクリックします。

  6. 「証明書の追加」ウィンドウでは「証明書」でローカルコンピュータに保存済みの .pfx 証明書ファイルを参照し指定します。
    「パスワード」で .pfx証明書ファイルを作成した時に設定したパスワードを指定します。
    「証明書のアタッチ」をクリックし、画面右下の「チェックマーク」をクリックします。

  7. 少し待つと、「クラウドサービス」作成に成功したことが表示されます。

DNS設定

作成されたクラウドサービスに安全が保障されたhttpsプロトコルで接続するためには、DNSの設定が必要です。
「カスタムドメイン(例: your_domain.jp)のサブホスト(例: www.your_domain.jp)のDNS設定を行います。」を参照し、設定を行ってください。

DNSへの変更が有効になるまでに1日以上の時間がかかることがあります。有効になるまでの時間は、DNSのTTL値として設定されています。あらかじめDNS管理者にTTL値を確認するか、TTL値を最短に設定してもらうかを行うと良いでしょう。

関連情報

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース