DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2012年12月6日のリリース

DigiCert,Inc.、2012年度 Deloitte Technology Fast 500にランクイン

株式会社アールエムエス(本社:東京都世田谷区、代表取締役:望月 忠雄、 URL: /)が日本の販売代理店であるインターネット・セキュリティ・プロバイダー[ DigiCert,Inc. ](デジサート)は、2012年度「Deloitte Technology Fast 500」の160位にランクインしたことを発表しました。
「Deloitte Technology Fast 500」は北米のテクノロジー、メディア、テレコミュニケーション、ライフサイエンス、クリーンテクノロジー業界で成長著しい企業500社を選出したランキングです。
会社創立10周年を迎えるDigiCertは2007年度から2011年度の間に568パーセントにもなる収益成長率を算出し、2年連続のランクインを果たしています。

DigiCertは、2003年に創立して以来、サーバー証明書における付加価値や柔軟性の高さ、顧客の成功に結びつく製品とツールの開発を重視しており、証明書市場における占有率も継続的に成長しています。
DigiCert は、追加できるサーバー台数に制限を設けず、再発行も行えるSSLサーバ証明書の提供を初めて行った企業です。
また、ユニファイド・コミュニケーション証明書(UCC)とワイルドカード証明書(WildCard Plus)の市場導入のための取り組みも最前線で行ってきました。
その結果として DigiCertは昨年、国際的に著名なアナリスト・グループの「フロスト&サリバン(Frost & Sullivan)」によるSSL市場の顧客価値向上賞(Customer Value Enhancement)において、「ベスト・イン・クラス」を受賞しています。

DigiCert の CEOである Nicholas Halesは、今回のランクインについてこう述べています。

DigiCertが急速な成長を維持できた主な要因は、顧客の業務負担を軽減することを心がけ、運用価値と柔軟性の高い製品やツールの開発を重視してきたことです。
私たちは、セキュリティに関しても、製品や顧客のサポートに関しても、業界最高レベルのサービスを提供したいと考えています。

DigiCert は、インターネット経由で行う情報交換の暗号化とオンライン認証を提供する、世界の主要な認証局のひとつです。
Web利用者は、Webサイト上やショッピングカートページ上にある「DigiCert Secure Trust Seal」(SSL Plus、WildCard Plus、UCサーバ証明書向けに発行されるサイトシール)、またはブラウザーのアドレスバーにある鍵アイコンをクリックすることにより、利用中の Web サイトが DigiCert に保証されたものであることを確認することができます。
また、DigiCertの提供するサーバ―証明書は1枚あればサーバー台数無制限で利用することができ、異なるOS・プラットフォームにも対応、同一ドメインの全ホスト名もカバーできる(WildCard Plus のみ)等、大幅なコスト削減が期待できる製品特長があり、世界中の国際機関や政府機関、大学などの教育機関、フォーチュン500にランクされている大企業などに採用されています。

■参考:「Deloitte Technology Fast 500」
創業5年以上の北米地域に本社のある企業の中で、特許または独自の技術で開発した製品を販売し、その製品の営業収益における貢献度が高いこと、また、年間営業収益5万ドル以上・本年度の営業収益が500万ドル以上である上場・非上場企業を対象に、Deloitte & Touche LLP社が実施する企業ランキングです。
2012年度の「Deloitte Technology Fast 500」は、2007年度から2011年度における収益成長率をベースに選別しています。

株式会社アールエムエスが代理店として販売している DigiCert の証明書

■ WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書)
ひとつの証明書で同一ドメインの全ホスト名とドメイン名自体をカバーする(※1)、ワイルドカード SSL サーバー証明書。
Subject Alternative Names(サブジェクトの別名)を使用して手続きを行えば、複数階層のホスト名もひとつの証明書で利用可能。
証明書を追加できるサーバー台数無制限。
異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能。

【※1:例】「*.○○○.com」で WildCard Plus を取得した場合
aa.○○○.com、bb.○○○.com、cc.○○○.com ・・等の全ホスト名で利用可能

◇価格(税込み)
1年間有効:72,870円
2年間有効:130,830円(1年当たり:65,415円)
3年間有効:174,300円(1年当たり:58,100円)

■ SSL Plus(SSL サーバ証明書)
ひとつのサーバー証明書で https://www.<ドメイン名>/ と https://<ドメイン名>/ の両方をカバーする(※2) SSL サーバー証明書。
証明書を追加できるサーバー台数無制限。
異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能。

【※2:例】「www.○○.ne.jp」で SSL Plus を取得した場合
「https://www.○○.ne.jp」も「https://○○.ne.jp」も警告を出さずに表示させることが可能

◇価格(税込み) 1年間有効:32,340円
2年間有効:57,540円(1年当たり:28,770円)
3年間有効:77,280円(1年当たり:25,760円)

■ユニファイド コミュニケーション証明書(UCサーバ証明書)
Subject Alternative Names(サブジェクトの別名) 欄を活用し、ひとつのサーバー証明書でドメイン名の異なる複数のホスト名や、グローバルなIPアドレスを持たないホスト名、IPアドレスそのものなどを幅広くカバーできる(※3)サーバー証明書。 証明書を追加できるサーバー台数無制限。
異なるOS、異なるプラットフォームも1枚の証明書で対応可能。
Microsoft Exchange 2007、Office Communications Server 2007に最適。

【※3:例】以下のような異なるホスト名・IPアドレスもカバー
www.○○.com、.srever1、1.0.16.xxx、172.16.x.xx ・・等も1枚の証明書で対応可能
(デフォルトで4ホスト名までをカバー、以後150ホスト名まで追加可能)

◇価格(税込み)
1年間有効:48,510円~
2年間有効:86,730円~(1年当たり:43,365円)
3年間有効:115,500円~(1年当たり:38,500円)

■その他、DigiCert SSL サーバ証明書の詳細はWebをご覧ください。

/

■会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都世田谷区南烏山5-24-7
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース