DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年4月23日のリリース

GoogleがGmailの接続方法を常時httpsに変更

この変更に伴い、メールサーバーでの暗号化利用方法を解説したページを公開

Googleがメールサービス「Gmail」のメール送受信にHTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)接続を常時使用するように変更したことに伴い、SSLサーバ証明書の認証局であるDigiCert(デジサート:米国ユタ州)の日本代理店である株式会社アールエムエス(東京都多摩市)では、メール暗号化の解説と、主要6メールサーバーでのTLS/SSL設定方法についての詳細ページを公開しました。

これまで、ビジネスに必須の電子メールのほとんどはネット上で傍受可能な平文で通信されていましたが、「Gmail」がサーバーの接続方法を常時HTTPSにするようになったことで、傍受や改ざんを防ぐことのできる電子メールの暗号化は、TLS/SSL利用への大きな流れに乗ったと言えるでしょう。これに合わせ自社メールサーバーにもTLS/SSLを導入することで、常時暗号化された状態でメールをやりとりすることが可能になり、取引情報や個人情報の安全性を確保することができます。

アールエムエスが代理店として販売している DigiCert の証明書(価格は消費税抜)

◇価格◇1年間有効:45,000円/2年間有効:71,500円
・日本語社名入りの緑色のアドレスバーが利用できるEV SSLサーバ証明書

◇価格◇1年間有効:65,200円~/2年間有効:103,900円~
・1枚で複数ドメイン名での日本語社名入り・グリーンアドレスバーが利用可能な、マルチドメインタイプのEV SSLサーバ証明書

◇価格◇1年間有効:85,000円/2年間有効:152,900円/3年間有効:203,600円
・同一ドメイン内のすべてのホスト名+ドメイン名で利用できるSSLサーバ証明書

◇価格◇1年間有効:46,200円~/2年間有効:82,600円~/3年間有効:110,000円~
・1枚の証明書を複数のドメイン名で利用できるUCサーバ証明書

◇価格◇30,800円/2年間有効:54,800円/3年間有効:73,600円
・1ホスト名+ドメイン名をカバーできるSSLサーバ証明書

■会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース