DigiCert証明書の正規代理店株式会社アールエムエス
ニュースリリース
180か国以上・80,000以上の団体が利用
Loading
  1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. 2014年9月10日のリリース

SHA-2(SHA-256)方式の無料テスト証明書発行を開始

URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします

株式会社アールエムエス(本社:東京都多摩市、代表取締役:望月 忠雄)では、DigiCert, Inc.(本社:アメリカ・ユタ州)の代理店として提供しているSSLサーバ証明書について、SHA-2(SHA-256)対応の無料テスト証明書の発行を開始しました。

SHA-1やSHA-2などのハッシュ関数は多くのセキュリティプロトコルにおいて重要な役割を果たし、暗号化に不可欠な要素です。2005年にSHA-1のセキュリティ脆弱性が発見され、将来的な利用に十分な安全性を有していないことが示唆されたことにより、セキュリティ関連業界は、より強力なハッシュ関数であるSHA-2にシフトし始めました。
Microsoftは2013年11月12日に「認証局に要求するルート証明書のポリシーをより強固で安全なものにするよう変更する」と発表しており、2017年1月1日以降、SHA-1ハッシュアルゴリズムで生成されたSSLサーバ証明書は受入れが中止されます。 これに伴い、DigiCertではSHA-1方式のSSL証明書の利用期限を2016年12月30日までと定め、それまではSHA-1・SHA-2どちらのSSL証明書も発行します。

現状はすべてのサーバーやアプリケーション、ブラウザがSHA-2に対応しているわけではありません。
証明書の利用環境がSHA-2に対応しているか確認し、移行をスムーズに行っていただけるよう、株式会社アールエムエスではDigiCert SSLサーバ証明書製品について、無料でSHA-2対応のテスト証明書の発行を行います。テスト証明書の有効期限は30日間です。

※テスト証明書詳細: http://rms-digicert.ne.jp/service/testcert.html

また、既に発行済みの証明書についても、SHA-2対応のものを無償で再発行できます。
SHA-2未対応の場合はSHA-1を利用し、対応した時点でSHA-2対応の証明書に差し替えることも可能です。

SHA-2対応の無料テスト証明書が発行可能なSSLサーバ証明書(価格は消費税抜)

■WildCard Plus(ワイルドカードサーバ証明書
・同一ドメイン内のすべてのホスト名+ドメイン名で利用できるSSLサーバ証明書

■ユニファイド コミュニケーション証明書(UCサーバ証明書)
・1枚の証明書を複数のドメイン名で利用できるUCサーバ証明書

■SSL Plus(SSL サーバ証明書)
・1ホスト名+ドメイン名をカバーできるSSLサーバ証明書

※各証明書はインストール先サーバー台数無制限、異なるOS・プラットフォームに対応。
※証明書の有効期間は1年間・2年間・3年間から選択可能。

※EVサーバ証明書・EVマルチドメインサーバ証明書も発行(テスト証明書対象外)。
詳細: http://rms-digicert.ne.jp/service/ev-ssl-certification.html

会社概要

社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
主要仕入先: DigiCert、NTT/Verio、NTTコミュニケーションズ

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
E-MAIL:info@rms-digicert.ne.jp

過去のニュース

SSL サーバ証明書とは?
30日間テスト証明書
30日間返金保証制度あり!
コードサイニング証明書
ドキュメントサイニング証明書
デジタル証明書ニュース
digicert.comトピックス&ニュース